読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自治会活動(25) 春の町内一斉草刈り作業

去る5月21日午前8時から神原町内一斉草刈り作業が行われた。神原町自治会の事業として、町内の全戸が参加しての春秋の年2回の一斉草刈り作業は、町の誕生以来の伝統的な行事の一つとなっている。 一斉清掃後の刈草・汚泥等の処理は業者によって翌日には…

航空自衛隊第1期操縦学生(56)  操学1期の入隊65・70周年の夢

本年は航空学生制度創設62年となる。 昭和30(1955)年6月2日.航空自衛隊第1期操縦学生207名が山口県の防府南基地の幹部学校に入校し操縦学生基本課程がスタートした。課程10ケ月を履修し187名が卒業した。 当時においては、戦後初の高校卒業…

航空自衛隊第1期操縦学生(55) 創設62周年を迎える 航空学生制度

今年6月で、航空自衛隊航空学生制度が発足して62年を迎える。今年度入隊した航空学生は「第73期生」である。第1期生からすると、「73期か」と歴史の重みを感じる。 航空学生制度は、航空自衛隊の任務遂行上、必要不可欠な操縦者の養成・人事制度およ…

神原町花の会(花美原会)(255) 感謝を込めて、楽しませてくれてありがとう

今年のポピーも今月末でお別れである。花摘みを今月初旬から始めて、下旬を迎えることとなった。来月初めには協同作業で全部手作業で抜き取り撤収することにしています。 特に計測はしていないが、約700人前後の方が訪れて、ポピー花を採集して帰られた。…

神原町花の会(花美原会)(254) 夜明けのポピー「貴婦人の帽子」

ポピー畑もいよいよ花摘みも終期が近づいてきた。4時半に早起きをして、夜明けのポピーをレンズで覗いてみた。 開花寸前か開花した新生の花びらを包んだ殻は夜明けとともに微風が出ると自然に下へ落ちてしまう。花びらから離れずに残っている殻は、夜明け前…

浜ちゃん日記  平成29年度神久呂ふれあい大学

平成29年度神久呂ふれあい大学が始まった。今日5月18日は、第1回目で、開講式に、次いで音楽教室「さあ みんなで歌おう」で懐かしの歌等を全員で歌った。 音楽教室は、講師小林博司 氏のもとで進められ、歌を歌って楽しく過ごした。 一年間の学習計画…

自衛隊家族会(6) 平成29年度浜松市自衛隊家族会総会懇親会

5月14日、浜松市自衛隊家族会は、浜松自衛隊家族会など各地区ごとの総会を終えた後、全体会である浜松市自衛隊家族会総会懇親会をプレスタワーで開催した。 本年度は、新生家族会の記念すべきスタートであり、例年以上に浜松基地から多数の主要幹部が臨席…

自衛隊家族会(5) 平成29年度浜松自衛隊家族会総会と家族会

5月14日(日)平成29年度浜松自衛隊家族会定期総会、次いで浜松市自衛隊家族会総会懇親会が浜松市駅付近のプレスタワ-で開かれ、会員として参加した。 1.自衛隊家族会 本年1月公益社団法人全国自衛隊父兄会は「公益社団法人自衛隊家族会」となった…

浜ちゃん日記  浜松写真連絡協議会会員写真展始まる

パソコンのマウスが不安定で、文章の作成などが円滑にできなかったが、新品のマウスとマットにしたら安定するようになった。 今日は、早朝から小雨がぱらついていた。洞雲寺を訪れ墓参りをした。静寂な境内にしばし心を静めた。帰りにポピー畑に寄ってきた。…

浜ちゃん日記 パソコン不調につき休止

パソコン不調につき、しばらく休止します。

昭和の航空自衛隊の思い出(424) 指揮統率と宮下語録(1)

航空自衛隊入隊の昭和30年から昭和の時代において、語録といえば、創設期の第2代航空総隊司令官島田航一空将の「幕僚準則」及び第10代航空総隊司令官鏑木健夫空将の「鏑木監察」に関連する「特命総合観察における鏑木語録」が有名である。 その細部は、…

昭和の航空自衛隊の思い出(423) 電算機の威力と要員の養成

昭和43(1968)年ごろ人事幹部になりたてのころ人事管理に電子計算機の導入が始まっていた。幹部普通課程(soc)でもプログラムの作成の基礎と実習があった。人事管理面での電子計算機の活用は、山根勝巳(元航空警務隊司令・将補)、川又喜代治(部外…

昭和の航空自衛隊の思い出(422) 自衛隊勤務に対する両親の見守りと両親への報恩

1. 息子の自衛隊勤務についての両親の誇り 昭和30(1955)年1月の陸上自衛隊への入隊、同年6月航空自衛隊第1期操縦学生としての入隊にあたって、父は同行し、米子駐屯地及び防府南基地の状況確認と凛々しい制服姿を見て帰っていった。末っ子の独り…

神原町花の会(花美原会)(253)  夜明けのポピーの表情と花模様

1. 可憐な花の生命力 特に、ポピー畑をお訪れた人数を正確にカウントしたことはないが 、5日から7日までの3日間で約550名ほどではなかろうか。一人がポピーを20本前後お持ち帰りされてもその数は大量である。さすがに一つの密集したヤマはきれいに散…

元自衛官の時想(4)  自衛隊の憲法への明文化

1.安倍晋三総理大臣の憲法第9條改正の提起 昨今、安倍晋三総理大臣が、自衛隊の存在を明記した憲法第9條改正とその平成32年施行につていての意向を表明したことが大きな波紋を呼んでいる。総理大臣に就任されて以来、正直なところやるべき時にやる総理…

神原町花の会(花美原会)(252)  花摘みのハサミとありがとう

1. ありがとうございます 今日は神久呂幼稚園の園児たちが先生に引率されて花畑を訪れた。自分の気に入ったポピー花を選んで、先生に摘んでもらって満足そうに笑顔を交わし合っていた。帰りには一斉に可愛い声で「ありがとうございました」の言葉が流れて…

シニアクラブ(92) 定例会と直近のお知らせ

5月の定例会が近付いたので、3日前に会報を配布した。高齢者団体においては、主要行事が近付いたら、いつどこで何が行われるかをお知らせしてしている。 耳で聞いたことは、たいてい忘れられてしまうから、直近に会報を配布することにより、再度連絡すると…

神原町花の会(花美原会)(251) 花摘みが楽しめるポピー畑

今日は、朝から雨かと思ったら、今晩からのようだ。早朝の状況を花畑の付近の方に確認したら、朝早くからすでに三人ぐらい訪れて花を摘んでいかれたよということであった。 本朝の花畑の状況と掲示は次の通りです。おせっかいながらお勧めの「最高のポピー花…

神原町花の会'(花美原会)(250) ポピー 花摘み初日でにぎわった! ポピーの楽しみ方

5月5日、こどもの日は当会のポピー花摘み(無料)初日であった。一番最初の人は夜明けの5時半ごろ、表示物を設置しようと花畑についたころにはビニ-ル袋にいっぱいだったようだ。 ビ-ク時には約50人ほどが花畑に散在した。不思議とお訪れる方の大きな…

浜ちゃん日記 亡き先輩へ心を込めて弔辞をささげる

わが町の長老で、ご指導をいただいた先輩の元自治会長の葬儀に当たり 、後輩の元自治会長の立場で弔辞を読む機会を与えられた。約一日草稿を練ってまとめ上げた。自衛隊退官後は、隊友会関係で数名の故人に支部長の立場で弔辞を読む機会を与えていただいたこ…

神原町花の会(花美原会)(249) 見ごろを迎えた鮮やかなポピー

5月3日中日新聞および静岡新聞の朝刊・地域版に、神原町花の会(花美原会)の管理する花畑が、「見ごろを迎えた鮮やかなポピー」と報道された。花摘みができるのは5月5日からであるが、両紙の記事を読んだ多数の方が早速、花畑を訪れた。こうして多くの皆…

航空自衛隊第1期操縦学生(54) ブル-インパルスの淡野徹君逝去

第一期操縦学生出身の淡野徹君の訃報を同期生から受けた。淡野君の死去について、5月2日産経新聞は「五輪ブル-インパルス淡野徹さん死去」と次のような記事で報道した。記事内容が淡野君の功績を余すところなく的確に表しているので切り抜きを貼り付ける…

元自衛官の時想(3) 商売上手と対応

元自衛官だから商売とは無縁であったが、商売も物事の道理は同じである。部隊運営や部隊運用及び隊員指導等にあたっての指揮管理、指揮統率、業務管理の基調となるものは同じである。どんな仕事であっても、仕事の進め方の基本は同じである。 家内が買い物す…

神原町花の会(花美原会)(248) ポピー畑の一般開放に向けての準備完了

4月30日午前8時から1時間余、15名が参加して花協同活動を行った。5月5日の一般開放に向けて、ポピー畑の最終の除草を行った。 全般的にポピ-の背丈が伸びていないので、最も降雨が待ち望まれる。自然界に任せすることにして、5月5日から一般開放…

隊友会活動(29) 平成29年度静岡県隊友会浜松支部総会・懇親会

公益社団法人隊友会 静岡県隊友会浜松支部の平成29年度総会及び懇親会が、4月29日10:30~14:00、浜松駅近くのプレスタワ-で行われた。今回は写真を中心に綴ってみた。 1.総会 《 総会は式次第のとおり整斉と進められた。各議案は満場一致…

神原町花の会(花美原会)(247) 皆さんに楽しんでもらう花畑

昨日は午前、ポピー畑の周辺の草取りを主体とした環境整備を行った。一般開放に向けての諸準備を行っている。 ポピーの生育に関しては、いまいち背丈が伸びてほしい。そのため成長を促進するには、もっと降雨量が欲しいところである。 今月最後の環境整備は、…

元自衛官の時想(2) 拉致問題と救出

1. 北朝鮮による拉致 小泉総理大臣の訪朝によって、拉致被害者の一部が母国に帰ってきたあの感動的な映像に日本全国が歓喜に包まれた時から何10年と時が経った。それ以来、未だに北朝鮮に拉致された同胞は一人として帰っていない。 先日、産経新聞に「め…

元自衛官の時想(1) 折々の時想を綴る

1. 三層の視点から 毎日のニュ-スを見ても様々な出来事があるが、じっと見ていくとあらゆる事象は大きく分けて「三つの層」に仕分けできるように思っている。 私はこれを「三層」と呼んでいる。その一つが一番底の動かないもの、次の層は時代とともにゆっ…

浜ちゃん日記  ゆっくりとくつろいで疲れをとる

昨日はゆっくりと休んだ。4月に入ってから休むことなく忙しく 何かをやってきた。手帳に予定が記されていない日がたまにあるだけだった。こんな日は何もしないでのんびりテレビを観たり、横になって眠ることにしている。こうした時はくつろいで過ごすことに…

自治会活動(24)   自治会及び各種団体役員の懇談会

4月23日夕、地域の自治会及び諸団体の役員の懇談会が行われた。地域は自治会を 中心に次の諸団体の積極的な活動により明るくよ住みよいまちづくりが行われている。 自治会・自主防災隊・役員選考委員会・会館運営委員会・防災委員・交通安全推進員・環境…

浜ちゃん日記  青空に元気に泳ぐこいのぼり

当地では、ここ2週間ぐらい前からこいのぼりが立ちだした。天気も安定してきたせいであろうか。今日も青空にこいのぼりが泳いでいた。昔のように本格的な大型のこいのぼりは少なくなってきた。どちらかというと大型は珍しくなってきた。どうしても団地サイ…

航空自衛隊第1期操縦学生(53)  浜松基地航学会懇親会に参加

4月21日(金曜日)午後7時30から浜松市中区元城町ホテル コンコルド浜松において、浜松基地航学会懇親会が開かれた。航空学生出身者で構成する浜松基地航学会の総会が行われた後、懇親会の部に特別会員のOBが招かれ出席した。OBは先輩として丁重な…

神原町花の会(花美原会)(246) ポピー畑の環境整備を概成した協同活動

4月22日、晴天下で午前8時から1時間30分13名が参加して、除草を主体とした協同活動を実施し、環境整備はほぼ概成した。今後は個別作業を進めながら、ポピーの花摘み開放前にもう一度協同活動を行い諸準備を行うことにしています。 今年の特色は、通…

神原町花の会(花美原会)(245) 早咲きのポピー

ゆっくりと誕生すればよいと思うが、ポピー畑には開花したものが見られるようになった。本格的な満開は5月中旬と予想しています。数輪を選んでみた。 《 ポピー独特の 美しさがある。花畑を管理している立場から生育の過程を見てきており、開花するまでを知…

神原町花の会(花美原会)(244) 花まちづくりへの参加呼びかけ

平成19年3 月神原町自治会通常総会において、「神原町まちづくり構想」が決定され、その事業の一つとして「花と緑いっぱいのまちづくり」が始まった。当 時の自治会長として構想策定に関する委員会の設置、委員の委嘱、調査研究、討議及び構想案の作成、総会…

神原町花の会(花美原会)(243) まちなかの花ラインの形成

1.心あたたまる果樹園の花ライン 先日、シニアクラブの文書を手配りしている折、神ケ谷町の一角に、派手ではないが、果樹園の外側の空き地を利用してチュウリップ等を植えた心温まる花ラインに接した。持ち主が沿道に季節の花ラインを形成しようという意図…

シニアクラブ(91) 平成29年度総会と活動計画

神原町シニアクラブは、4月10日年度初めの総会を開いた。年度の活動計画や運営要領の打ち合わせを主体とした。本年度の会員は44名、後期高齢者主体の少人数のクラブであるが、地域の特性を生かした活動を目指している。 シニアクラブは、定例的に出来る…

浜ちゃん日記 タケノコ談義

例年であれば、3月末には、タケノコの初物をいただくことが多かった。今年はタケノコの出がよくなとのことで半月遅れであった。冬の寒さと雨不足が原因であるらしい。3月ごろから竹林の持ち主から今年はタケノコの出が良くない、遅れていると聞いていた。 …

神原町花の会(花美原会)(242) 開花に向けて華僑整備の花協同活動

今日は、快晴朝から暑いくらいであった。5月中旬のポピーの満開に向けて、除草などの環境整備を中心とした協同活動を行った。天気が良ければ、次週22日も環境整備活動を予定している。1月~3月は活動を休止していたので、4月は3回環境整備を中心とし…

浜ちゃん日記  洞雲寺の文字どおりの枝垂れ櫻とあれこれ

1.洞雲寺の枝垂れ櫻 今朝は、菩提寺の墓参りをした。浜松市西区神ケ谷町洞雲寺境内の枝垂れ櫻は、文字通りの枝垂れであった。住職からは「枝垂れ櫻」についてはお聞きしていたが、見事なものであった。柳のように高くなった幹枝から一本一本の枝が見事に人…

シニアクラブ(90) 春の信州を巡る旅(5) 飯田の名桜iに出合えて

4月3日~4日,シニアクラブの春の南信州の一泊旅行は、奥天竜不動温泉佐和屋に泊まり、翌日飯田方面の名桜を巡る旅となった。 南信州は、日本で有数の一本桜、県天然記念物に指定されている安富桜、樹齢450年の大木の幹や枝などにに圧倒された。また、…

シニアクラブ(89) 春の信州を巡る旅(4) 奥天竜不動温泉佐和屋

4月3日~4日,シニアクラブの春の南信州を巡る一泊旅行を行った。わが神原会と神ケ谷の百寿会との合同の旅行となった。宿は奥天竜不動温泉の佐和屋であった。 最初の印象としては、人里離れた山奥の一軒旅館かと思っていたが、すぐ下の集落は家も多くガソ…

シニアクラブ(88) 春の信州を巡る旅(3) 奥天竜不動温泉夜の宴会

4月3日~4日,シニアクラブの春の南信州を巡る一泊旅行を行った。神原会と神ケ谷の百寿会との合同の旅行となった。宿は奥天龍不動温泉の佐和屋であった。1日目の旅を終えて、入浴・宴会・懇談とくつろいで旅の夜を楽しんだ。 宴会は、旅行社太陽観光の村…

シニアクラブ(87) 春の信州を巡る旅(2) おんな城主の許婚 ・井伊直親(亀之丞)が過ごした里

1. おんな城主直虎ブームと歴史ロマンの里高森町「市田郷」 今年のNHK大河ドラマ「あんな城主直虎」ブームの勢いは大変なものだ。ドラマの舞台となっている龍潭寺及びその周辺は観光客でいっぱいである。 ドラマの始まりから、子役の演技も素晴らしく、ド…

浜ちゃんブログ(6)  連続1,400日のブログ書き

1. 1,000日連続のブログ書き ブログを始めて、1,400日を数えるようになった。毎日連続して書いた日数が1,000を超えている。よく続いたものだと思う。「1,000日」というと特別な響きが感じられるからか、次のことが思い出された。テレビ…

浜ちゃん日記 濃靄に包まれた浜名湖

4月9日日曜日6時ごろ起床したら、3日ほど降り続いた雨は止み、あたり一面に靄が立ち込めて遠くの人影や家がかすんでかすかに見える情景が展開していた。 ふと 頭に浮かんだのは、湖上を飛び立つ水鳥の姿であった。車で⒉0ばかり走り、浜名湖東岸の浜名湖ロ…

神原町花の会(花美原会)(241) まちなかの花ラインの形成

1.外からを意識した家周り樹木、草花 今日は、シニアクラブの情報連絡紙である「生き生き神原会」会報を2時間ばかりかけて会員宅に配った。小雨の後であったので一枚上に羽織って歩いたら、暫くすると体内が燃焼したせいか汗ばむほどになってきた。まちな…

シニアクラブ(86) 新年度における諸活動の開始

神原町シニアクラブは、4月10日、定期総会を開催し、新年度の諸活動が始める。

神原町花の会(花美原会)(240) 色彩が増してきた花区域

ここのところ快晴か続いたが、天気予報では夕方から数日雨が降りそうであった。この調子で進めば、週末に予定している花協同活動は実施が危ぶまれることになそうだ。手を打たないでこのまま進むと、雑草の繁殖が活発化し大きくなってしまい草取りにさらに苦…

浜ちゃん日記  平成29年浜松基地観桜会

4月3日~4日の南信州を巡る桜の旅から帰って、今夕は浜松基地の観桜会に参加した。恒例の観桜会とはいえ、満開で底冷えの時もあれば、小雨の時もあった。今回はほどほどの開花があり、寒くもなし外套を着ることもなく、花日和であった。 準備万端よろしく…