浜ちゃんの散歩道( 65) 天空に創り出す自然の芸術作品

 7月2日、今朝の日の出前の東の空は柔らかさを感じる爽やかな素晴らしい風景であった。日々刻々と変化する天空の状況は、自然が創り出す芸術作品を観ているようだ。何人といえども創り出せない独特の世界でもある。自然が織りなす風景は、短い時間であるが早起きをして得をした感じでもある。

❶ 日の出前の天空

❷ 日の出後の天空

❸ 日出前の天空と道端の花

 

浜ちゃんの散歩道(64) 朝日が輝く浜松市のシンボルアクトタワー

   7月1日を迎えた。今朝は快晴の猛暑日となった。隣町の神ヶ谷町の天龍山洞雲寺の墓苑へは徒歩で墓参りをした。

 普段と異なるルートを歩みながら日の出を迎えた。朝日が顔を出した。遥か彼方に浜松市のシンボルであるアクトシテイ浜松が眺められた。朝日を浴びて輝いていた。

❶ 日の出    令和4年7月1日朝撮影

❷ 朝日に輝くアクトタワ―  令和4年7月1日朝撮影

 

浜ちゃんの散歩道(63)  梅雨明け後の早朝の東の空と夕刻の西の空の色合いの変化

 梅雨明けとなったら、早朝の東の空及び夕刻の西の空の色合いが梅雨時より鮮明になってきたように感じる。

 ここ一週間は、朝夕の散歩とグラウンドゴルフコースの整備を兼ねて行うことにしている。家から健康広場への往復、整備作業で歩き回る歩数を合算すると、朝夕の散歩道の距離とほぼ同じである。

 雑草と石を排除するため三角鍬を使っての作業は、体力を使うので大汗をかき、体力、健康面からするとグラウンドゴルフコース整備の方が厳しい。

 今夕の作業で大きなところは終了した。後2〜3回で地ならしなど最後の仕上げ作業を行うこととしている。

❶ 早朝の風景     令和4年6月30日朝撮影

❷ 夕方の風景  令和4年6月30日夕刻撮影

 健康広場グラウンドゴルフコ-スの整備  令和4年6月30日朝撮影

 

神原町シニアクラブ(神原会)(385) 健康広場グラウンドゴルフコース整備(4)

 6月20日から始めた神原町健康広場のグラウンドゴルフコースの整備は、27日、28日、29日と連日、涼しい時間帯の朝夕とし、回を重ねること8日、今週末には完了しそうである。

 無理をしないで、コツコツと整備範囲を広げている。僅かずつでも回を重ねると綺麗になった。ささやかな奉仕活動であるが、汗を出すことによって、気力・体力が充実しできた。

 最近の毎日の生活の中で、汗を流すということがなくなったので,よい運動となった。シャワーを浴びると爽快である。

 疲れの方は当然出てくるが,こちらは家でゴロリと横になって身体を癒すことにしている。無任所の隠居の気楽な日々であるから自由自在である。

整備をした健康広場グラウンドゴルフコース 令和4年6月29日撮影夕刻

 

天龍山洞雲寺参道の人生教導の石碑(8)  人の世は山坂多い旅の道

 菩提寺である浜松市西区神ケ谷町天龍山洞雲寺 には、毎月1日と15日の2回,同寺に詣でて墓参りをしている。

 参道の片側には、昭和の30年代に設置された石碑が15個建っている。檀信徒から寄進された石碑で,表面に人生の諸々の教導の言葉が銘されている。その裏側には寄進者名と建立年月日が刻まれている。

 仏様の教えでもある。日常生活における誠に含蓄のある教導の言葉である。

 墓参りの都度,立ち止まって読み返すことにしている。歳を重ねるにつれて同感することばかりである。

 わが人生を振り返り,残された人生の道標としている。

❽ 天龍山洞雲寺参道の人生教導の石碑

「人の世は 山坂多い旅の道」


【所感】

 人生は、山道や海路に例えられることが多い。山道は山あり谷ありで、険しい峠を越えたり、山頂に登ることもある。多くは自力である。自分で考え判断し行動するが、時には苦い失敗もする。

 海路は、船旅・航海に例えられるが,海はなぎの日ばかりではない。吹き荒れる嵐と大波に遭遇したり、自然との闘いでもある。

 わが87年の人生を振り返ると、順風満帆ばかりでない、波瀾万丈であったが、何ら悔いることなしである。充実した人生を過ごして来たと思っている。最後までそうありたいと思っている。

 人生は、他人がどう見るか、見られるかより、自分が自分の人生をどのように捉えるかによって生き方が随分違ってくる。「人の世は山坂多い旅の道」であるが、主体性をもって判断・決心・行動すべきではなかろうか。

 

 

 

神原町シニアクラブ(神原会)( 384) 梅雨明け後のグラウンドゴルフ

 東海地方が梅雨明けとなった。午前8時30分からの月曜会グラウンドゴルフは12名が参加した。

 朝からも猛烈な暑さとなった。休憩と水分補給を行い、熱中症に注意しながら熱戦を繰り広げた。

 コースの地面が整備改善された結果であろうか、7名がホールインワン(トマリ)を出した。得点は全般的に好成績であった。

 梅雨明け後のグラウンドゴルフを楽しむ



浜ちゃんの散歩道(62) 梅雨明け後の夕暮れ風景

 今日6月27日、気象台から関東甲信地方、東海地方、九州南部の梅雨明けが発表された。各地とも平年より早い梅雨明けで、梅雨の期間はわずか13日間で史上最短を更新したという。

 日中は猛暑となったが、夕暮れ時は涼しくなった。

 梅雨明け後の夕暮れ風景  令和4年6月27日 夕刻撮影