元自衛官の時想(141) 1.17阪神・淡路大震災の教訓を未来に継承しよう

 昨日1月17日は、平成7年(1995)1月17日午前5時46分、阪神・淡路大震災が発生した日であった。6434人が犠牲者となった大震災発生から27年となった。

 阪神淡路大震災のことは、今も鮮明に記憶は残っている。当時、自動車保険料算定会(現保険料率算定機構)浜松調査事務所に勤務していたが、神戸等の調査事務所が甚大な被害を受けた。直ちに本部は、被災状況の確認と被災を受けた調査事務所の損害調査業務を、他の調査事務所で引き受けて、損害保険調査の円滑な運営を図ったものである。

 どの組織も同じであるが,阪神淡路大震災から学び取った教訓・反省事項は多かった。全国の調査事務所も速やかに書庫の固定処置や非常時の業務処理体制などの改善を行なったものである。

 自衛隊OBとしは、被災地の一刻も早い人命救護に関し、自衛隊の迅速な出動対処に忸怩たるものがあった。部隊は大地震発生後直ちに、出動待機するも出動要請が遅れて、止まらざるを得ない状況であった。

 当時の自衛隊災害派遣出動と活動状況については、多くのメディアの報道、報告・著書が残されており、何が問題であったのかなど、その実態は明らかにされている。

 この1.17の大震災を契機に、自衛隊に対する国民の理解と協力の意識が大きく変わった。法制面は元より都道府県等地方自治体と自衛隊との平素からの連携・調整・訓練、指揮官会同や元自衛官の防災対処要員の採用と活用などめざましい改善が行われるようになった。

 これに並行して、自衛隊の出動要領、出動部隊の編成装備、支援体制など逐次改善充実された。

 市民の生命財産を守らなければならない自治体の長の中には、自分の主義主張の立場から全て自衛隊お断りをしたり、制服の自衛官が市役所など自治体を訪問することさえ反対された時代を知るだけに、当たり前のことが当たり前にできるようになり、次第にまともな時代となってきた。

 時あたかも、阪神淡路大震災の発生時の政権は村山富市社会党内閣であった。自然災害は党派を選ばない。これを境に国家防衛、大災害と自衛隊に対する国民の意識と期待が高まり、「潮目が変わった」ことを強く記憶している。

 今日27年の歳月が経過すると、若い人たちには、阪神淡路大震災は過去の出来事として受け止められ、教訓・反省事項も薄れて来るのはなかろうかと危惧するものである。

 わが国は地震・火山国である。今後も地震津波は日本列島に発生したり、押し寄せて来るであろう。過去の災害から学んだ教訓を風化させずに、未来に継承しなければならない。

 1月17日付の産經新聞は、主張で「1.17と津波」と題して「教訓を未来に継承しよう」と呼びかけた。全く同感である。

神原町シニアクラブ(神原会)(363) 冬場の枯れ木等の手入れによる環境美化整備

 昨日は、健康広場の「憩いの場」の整備、今日は健康広場駐車場の「ありがとう花壇」と開水路寄りの環境美化整備を行なった。

 作業は、主として枯れ花木を刈り取った。夏から秋にかけて花を咲かせ青葉の花木も冬場は枯れてしまうが、冬場に手入れをしっかりやっておくと、春になると新しい芽がでくるものだ。

 植物には、花盛りの最盛期というものがある。時期が過ぎれば、丁寧に枯れ枝、葉をとってきれいにしておくと、必ず美しい花を咲かせてくれる。草木は手入れをした分必ず応えてくれる。これが自然界である。

 地域の環境美化を目指した、冬場の草木の手入れなどほんの少しの環境整備の奉仕であっても、地域の一隅を明るくしてくれる。

健康頃場{「憩いの場(席)」の整備

f:id:y_hamada:20220116153440j:plain

 

元自衛官の時想(140) トンガ沖の海底火山噴火と津波対処

 昨夜、スマホが、突然2回津波注意報を伝え、安全な場所への避難を呼びかけた。

 退官32年経っても自衛隊OBの習性で、津波注意報の発来に伴って、瞬時に頭をよぎったものは、自衛隊、警察、消防機関等においては、非常待機体制の発令が行われたであろうとその動きが目に浮かんだ。

 南太平洋の島国、トンガ諸島沖で、1月15日午後5時10分(日本時間午後1時10分)大規模な海底火山噴火によるもので、8.000キロ離れたわが国の太平洋沿岸に津波が押し寄せる恐れがあることから、気象庁津波警報及び津波注意報を発したものである。

 NHKの長時間放映は、適宜視聴して注目した。NHKがその機能を発揮して、状況を逐次放映し、何回も何回も津波の注意喚起を呼び上げたのは的確な処置であった。

 漁船の転覆などの被害はあったようであるが,幸に人的被害は特に報じられていないようである。

 南太平洋の彼方の海底火山噴火が、気圧の変化、各地の津波の予報など予報科学技術の進歩に驚くばかりである。今後そのメカニズムなどが解説されるので興味津々である。

 また、昨年11月に小笠原諸島の海底噴火によって、戦後最大級の大量の軽石が1.400キロ離れた沖縄・奄美大島に押し寄せたことは衝撃的な出来事であった。

 火山国である日本においては、幾多の火山噴火が起きている。

 戦後、私の記憶に強烈に残っている火山噴火は、次の通りである。

❶昭和33年(1958)6月24日阿蘇山・噴石等

❷平成3年(1991)6月13日雲仙岳火砕流

❸平成26年(2014)9月27日御嶽山・噴石

 今後、火山噴火に対する災害対処も忘れてはならない。災害は忘れた頃に来るからだ。

86歳老いる雑感(220) 一・十・百、千

 歳を重ねるにつれて、心身ともに衰えてくる。フレイル(虚弱)になるのを防ぐために、様々な方策が考えられる。

 心身の衰えに立ち向かう方策は、各人各様である。みんなその歳になると自分流で努力しているものだ。

    私も70歳代から今日87歳を迎える歳になって、顧みると、他力ではなく、自分の意思と自分の力で、毎日コツコツと自分に合ったやり方・「自分流」で対処するのが一番であると思っている。

 自分流がストレスなく円滑に進行し、安定し、継続可能ではなかろうか。他人のやり方を真似をしたりしても三日と続かないものだ。

 世の中には、先人たちの残した方策があり語たり継がれている。その一つが、「一笑・十交・百書・千読・万歩」である。

 1日に一回は心から笑い、10人の人と交わり、百字をメモしたり、日記を書いたりする。新聞や書物を千字は読み、1万歩歩くというものである。

 実際に毎日の生活の中で、どうなのか再点検してみると、自分の場合は、この10年来概ね実行できたように思うが、1日一万歩は難しかった。

 独りでこれを実行するとなるとなかなか難しいが,シニアクラブの諸活動に参加すると苦労なく実行できる。

 こうしたことから多くの方に入会参加を呼びかけている。諸活動に参加すれば、10人以上の方と言葉を交わし、各種のプレイに参加すれば、10回以上は心から爆笑する。

 毎日、シニア手帳や日記に行動予定を記入し、所感やメモをする。新聞や書物を読むと千字は短時間で終わる。黙読ではなく、声を出して読めばさらに良しである。散歩などは家の周りを歩いたりすると結構な歩数となる。無理なくできる範囲で歩けば良い。1万歩など無理をすることはない。その日の体調に合わせて散歩やウォーキングをすれば良いのではなかろうか。

 「一笑・十交・百書・千読・万歩」は自己管理によって実行できる。自己管理においては、甘えが大敵となる。途中でなんだかんだと理屈をつけてサボるようになると先が続かなくなってくる。

 老いる道程の大敵は、他人ではなく、自分自身にあるようだ。甘えが生まれたら、己を叱咤激励して進むしかない。

 70歳以上になると、元気・健康は歳に全く関係なくなってくる。お金で買うことができないものだ。毎日が元気で、晴れやかな1日であれば、ありがとう。感謝である。

浜ちゃん日記 早朝道路一面真っ白だった

 今日の早朝は、当地には珍しく道路一面は真っ白であった。日の出の頃には消えていった。日本付近には14日、強い冬型の気圧配置が続き、大雪警報が各地に発令された。静岡県内では浜松市天竜区水窪で2センチの降雪があったと、メディアは報じた。

 子どものころにふるさと鳥取で育ったので、冬の積雪や航空自衛官現職時代の小松勤務などからすれば、驚きは全くないが、歳をとったせいか寒さは一段と骨身に染みるようになった。

 こうしたことで、今日の朝の散歩は滑らないように注意して、ゆっくりと歩いた。寒さは防寒対処の服装をしているので特に支障はないが,手袋だけは一枚では手が悴んで痛く感じるほどであった。

 午前、墓参り、午後は金曜会に参加して、ロコも体操、数独、輪投げを行い、カラオケ2曲を唄った。寒風に負けず参集したシニアは元気に活動した。

1月14日 早朝の道路など

f:id:y_hamada:20220114063648j:plain

f:id:y_hamada:20220114065529j:plain

f:id:y_hamada:20220114071730j:plain

 

浜ちゃん日記 令和4年浜松基地賀詞交歓会に出席して

  今日1月13日午前、令和4年浜松基地賀詞交歓会が浜松基地で行われ出席した。出席者は約150名余であった。

 昨年令和3年は新型コロナ禍のため取りやめとなったが、今年はコロナ対処に万全を期して実施された。

 出席者に対する案内・受付・誘導・警備、交通統制などテキパキと行われていた。会場は南地区の新隊員食堂で行われ、予め椅子が配置されており、蜜を避ける配慮がなされていた。司会進行も適切で整斉と運営されていた。航空OBとしてはよくやっていると心強く感じた。

 約2年近く浜松基地と浜松防衛団体連合会主催による賀詞交歓会・観桜会・盆踊り・エアフェスタと基地四大行事が行われず、浜松基地を訪れる機会がなかった。

 こうしたことから、浜松基地の状況は、基地新聞「遠州灘」とホームページで大きな流れを知るのみであった。

 久しぶりに基地を訪れて、施設の新設など基地の大整備が順調に進んでいる事を見ることができた。

 賀詞交歓会は、次第の通りで円滑に進行して散会した。

[所感]

1  航空基地運営に関する国民への理解と広報

 熊谷基地司令は主催者挨拶において、美保基地からの第41教育飛行隊の配備について、防衛運用者の立場からわかりやすくその意義を列挙された。また、わざわざ飛行教育教育の流れと航空機について提示をされた。

 こうしたことは、国民の理解と協力を得る,円滑な基地運営の基盤をなすものであり、あらゆる機会をもらえて、今後も積極的に説明,広報を実施していただきたい。

2  党派を超えた国家防衛、自衛隊への感謝と期待

  国会議員の皆さんが多数出席された。誠に喜ばしいことです。私が航空自衛隊退官以来参加した、浜松基地の行事で今回ほど国会議員本人の出席が多かったことはないように記憶しています。

 その分、挨拶の時間もあり大変であったと思われるが、与党のみならず野党の議員が出席されたことに注目した。全員が国家国民の防衛,自衛隊の活動について感謝と激励をされた。

 国家の安全保障、防衛の外交は与野党問わず,共通の認識に立って国政の場で議論し方向を一致させてもらいたい。本年は,中長期の防衛計画の見直しの年であり、今日の発言を行動で示してもらいたい。

3 コロナ対処の会運営

① 新型コロナウイルスの新変種の感染拡大に鑑み、国歌斉唱はせずに、国歌の吹奏のみとされた。全員が発声することなく、心の中で歌う方式は良い方法であった。

② 主催者及び来賓の挨拶は、しっかりと仕切りの防護処置がなされていた。ご覧の通り写真撮影も正面以外はその影響を受けたが、特に差し支えはないものと思われる。

4   本当の自衛隊・基地の協力支援者

 何事もそうであるが,役職に就いているうちは関係の式典行事に参加するのが通常です。役職を離れても自衛隊・基地の行事に参加して協賛してくれる方こそ真の理解者,支援者ではなかろうか。

 今日は、ススキ株式会社相談役の鈴木修氏の姿をお見かけした。スズキの最高経営責任者・会長・社長として活躍され、間もなく92歳となられるが,浜松基地の賀詞交歓会に出席された心意気に感動した。

5   浜松出身の浜松基地司令

 熊谷三郎基地司令は,浜松出身で,挨拶の中でお母様が本席に出席されていることを話された。自衛隊家族会の一員として支えられたとのことである。

 浜松基地発足以来から見ると、浜松出身は、元浜松南基地司令の今村昭八氏(元静岡県隊友会会長),元浜松基地司令の内山好夫氏(静岡県隊友会会長)がおられる。浜松基地司令として、郷土出身の基地司令が生まれることは嬉しいことです。

6  浜松防衛団体連合会会長の交代

 浜松基地を支える浜松防衛団体連合会の会長が交代された。初代久野会長の後、浜松防衛団体連合会の会長職は、浜松商工会議所会頭が就任されることが定着してきた。

 前会長大須賀正孝氏は、浜松商工会議所会頭に就任すると同時に浜松防衛団体連合会会長に就かれた。8年のご活躍の目覚ましいものがあった。

 今回、遠州鉄道社長の斉藤薫氏が浜松商工会議所会頭に就任されて、浜松防衛団体連合会会長も大須賀氏から斉藤氏へバトンタッチされた。誠に喜ばしいことで、ご活躍をご期待申し上げます。

 

❶ 令和4年浜松基地賀詞交歓会次第

f:id:y_hamada:20220113123309j:plain

f:id:y_hamada:20220113123342j:plain

❷ 主催者挨拶

① 第1航空団司令兼ねて浜松基地司令 熊谷三郎空将補

f:id:y_hamada:20220113104708j:plain

○ 航空自衛隊パイロットの道のり

f:id:y_hamada:20220113105010j:plain

○ 第1航空団の航空機

f:id:y_hamada:20220113105056j:plain

② 浜松防衛団体連合会会長 斎藤 薫氏

f:id:y_hamada:20220113105501j:plain

❸ 会場の様子

f:id:y_hamada:20220113104645j:plain

❹ 来賓の祝辞

○ 衆議院議員 塩谷 立氏

f:id:y_hamada:20220113105747j:plain  

○ 衆議院議員 城内 実氏

f:id:y_hamada:20220113110125j:plain

○ 参議院議員 宇都隆史氏

f:id:y_hamada:20220113110647j:plain

○ 衆議院議員 宮沢博行氏

f:id:y_hamada:20220113111013j:plain

○ 衆議院議員 渡辺 周氏

f:id:y_hamada:20220113111344j:plain

○ 衆議院議員 小山展弘

f:id:y_hamada:20220113111810j:plain



○ 参議院議員 平山佐知子

f:id:y_hamada:20220113112346j:plain

○ 参議院議員 山崎草之輔氏

f:id:y_hamada:20220113112558j:plain

○ 湖西市長 影山剛士氏

f:id:y_hamada:20220113112926j:plain

 

○ 航空教育集団司令官 引田 淳空将   

f:id:y_hamada:20220113113212j:plain

❺ 納会の言葉

 航空教育集団司令部幕僚長 塩川 壮空将補

f:id:y_hamada:20220113114024j:plain

❻ 浜松基地 メイン通り

f:id:y_hamada:20220113102734j:plain

f:id:y_hamada:20220113115602j:plain

 

浜ちゃん日記 何事ともないのがよき日

 快晴ではあるが、強風の1日であった。24節気から見ると、5日は小寒、20日は大寒とあり、寒さが一段と厳しくなった。こうした中で、1月の半ばが近づき日々の生活も平常に戻ってきた。

 シニアクラブの諸活動も予定通り行われ、元気に参加している。毎日の生活に特別変わったこともなく過ごしている。 

 高齢期になると、「何事もないのが良い日」である。歳を重ねれば重ねるほど平穏無事がいかに大切であり、ありがたいこかと感謝している。