シニアクラブ(101) 第35回神原町敬老会に参加して

    昨日9月18日は敬老の日、昭和30年誕生した神原町は自治会が主催するようになって35回目の敬老会が行われた。式典では、神原町シニアクラブ(神原会)が参加者の主力を占める関係から会長が招待者代表して御礼の言葉を述べた。また、会食・演芸では同じく神原会会員がカラオケ等に多数出演した。

 わが町における敬老会の対象者は75歳以上で207名、うち出席者は約50名であった。出席者の多くは神原町シニアクラブ(神原会)の会員であった。

御礼の言葉

f:id:y_hamada:20170918105119j:plain

お礼の言葉

招待者を代表して一言御礼を申し上げます。

本日は、神原町自治会主催の敬老会に御招待戴きまして、誠に有り難うございます。

また、自治会役員を始め、婦人会、青空子供会役員の皆様方の、ご協力によって、このように盛大に敬老会を開催して下さいましたことに対して心から厚く御礼申し上げます。

只今は、自治会長を始め御来賓の市長代理介護保険課長中村丈二様、地元市会議員の和久田哲男様、衆議院議員城内実様の奥様から御祝辞と励ましの御言葉を戴き身の引きしまる思いでございます。

その上小学生代表の皆さんからはお祝いの言葉を頂き私たちの心に響くものがありました。

    わが神原町は昭和三十年四月に誕生し、六十三年を迎え世帯数、人口ともに充実発展し、明るい住みよい町となっております。これはひとえに自治会を中心に町民の皆さんが営々として築き上げた「神原町まちづくり」の努力のたまものであります。

    本町における敬老会は、昭和三十三年の春、婦人会によって初めて実施されました。昭和五十八年から自治会主催の第一回敬老会が開かれてから第三十五回を迎えることになりました。

   わが国は、世界一の高齢化が進んでいますが、高齢者には高齢者としての役目があるように思われます。

   本日のこの敬老会には神原会の会員である九十六歳と七か月の田口美岐子さんが出席しておられます。(立ってもらい紹介)

   私たちは、歳を取ったからという消極的な生き方ではなく、地域社会に少しでも貢献する役割を担い果たしていきたいと思います。家族や社会に迷惑をかけず、元気に暮らすことはもちろんのこと、シニアクラブ等への参加活動を通じて、私達に出来る範囲において地域社会の発展のために、貢献するとともにそれぞれが充実した人生を送りたいと思います。

    結びに当たり、お手元に「生き生き神原会」をお配りしてございますので、ぜひともシニアクラブにも入って豊かで、笑いのある、楽しい人生を送ってください。

本日は誠に有り難うございました。簡単ですが御礼の言葉と致します。

神原会入会のご案内    

f:id:y_hamada:20170919211614j:plain

《 敬老会に招待された全員に配布した。》

敬老会の模様

f:id:y_hamada:20170918113252j:plain

《 会食・演芸の部における様子 》