浜ちゃん日記  写真作品づくりと講演会「アメリカで進む近現代史の見直し」聴講

1   定例の東部写楽会と写真作品づくり  

    一日中雨が降った。午前は東部写楽会の定例の勉強会に参加した。会員の様々な角度からの写真を拝見し、講師の浜松写真連絡協議会会長丸井敏郎氏はじめ写真歴ベテランの先輩各位も加わって忌憚のない講評を頂いた。

    定例会は、題材は自由であるが、私はできる限り地域における環境、農作業、風景などを取り上げることにしている。

    単なる記録写真ではなく、芸術的な写真作品に仕上げたいと努力しているが、なかなか難しいものだ。毎回2L版15〜20点を提示し、1点でも評価の高いものがあれば上出来である。

    撮影後のパソコン処理も重要な仕事である。作品化するには、主役と脇役を明確にし、どこを入れてどこを切るか、色合いの程度などを考慮して決定する。昔は暗室の作業であったであろうが、今やパソコン処理時代となった。時代の変化は激しく動いている。

    カメラはRAWで撮影し、作品化の練度を上げるため、RAW現像についてパソコン教室で学んでいる。芸術的な作品づくりは、結構時間を費やし仕上げ作業は楽しいものだ。

    パソコン処理で、写真の撮影枚数が膨大となったこと、JPGとRAWのデ-タ量の差は著しく、整理を怠っていると、RAW撮影でパソコン容量が重くなり動きが鈍くなることがあるのが玉にキズだ。こうしたことから普段の写真の管理整理も重要な仕事でもある。

2   静岡「正論」友の会の講演会の聴講

    午後は、静岡「正論」友の会第22回講演会が浜松市地域情報センターで行われた。講師江崎道朗氏、演題「アメリカで進む近現代史の見直し」を聴講した。

   演題の論旨の主要点である「情報史・インテリゼンス・ヒストリ-」は、受付時に資料をいただいたのでわかりやすかった。一番の関心は、「情報史・インテリゼンス・ヒストリ-」についての話であった。インテリゼンスの戦いにおいては、相手を敵視するのではなく、相手の動向を懸命に調査し、できる限り理解しようとすることであると強調された。現在の複雑な国際情勢の収集整理・分析・評価しかりである。

 自衛隊の現職時代から国家の情報・シインテリゼンスについては、自衛隊の使命・任務遂行に必要不可欠であると考えてきたが、戦後の我が国ではその重要性は強調されても、国民的な関心は高くなかった。とりわけ「影響力工作」対策などは重視してこなかったように思われる。

 情報史・インテリゼンス・ヒストリ-の見地から近現代史を見つめると、我が国の歴史問題も見えなかったものが見えてくる。 

f:id:y_hamada:20180623213206j:plain

 追記

f:id:y_hamada:20180624073004j:plain

《平成30年6月24日産経新聞・静岡版の記事抜粋 》

シニアクラブ(132)   平成30年度第11回シニアクラブ浜松市総代会

   6月22日午後、 平成30年度第11回シニアクラブ浜松市総代会が浜松市福祉交流センタ-で開かれ出席した。出席の代議員100名は、地区連合会長等である。

総代会は、会長挨拶に次いで議長選出、議事録署名人の選出後、議案の平成29年度事業実績並びに収入支出決算、平成30年度事業計画並びに予算について事務局から説明あり承認された。最後に理事の選任を終えて散会した。

 何といっても、シニアクラブの大きな方向は、平成30年度事業計画に示されている通り、全国のメインテ-マは「伸ばそう!健康寿命、担おう!地域づくりを」である。

 重点目標は、会員加入促進運動、地域の絆づくり、行政・地域自治会との連携である。地区連合及び単位クラブにおいては、具体的な活動計画に基づき着実に諸活動を推進していくことにある。

 一番大きな問題は、様々な対策の取り組みにかかわらず、会員数の逐年減少傾向であり、若年高齢者の加入促進であろう。藤田会長の挨拶の中で、4個クラブの減、会員約600名の減が報告された。これには特効薬はなく、毎月の情報連絡紙・会報の隣保回覧による呼びかけとともに地道に充実した活動を積極的に広報継続していく以外にない。

     10年ひと昔というが、シニアクラブの活動は内容・回数ともに雲泥の差があり、充実してきた。その一方で、地域の仲間づくりに参加せず、うちにこもる高齢者が増加傾向にある。この現象をどのように打開するか正解がないだけに難しい課題である。

 ❶ 会長挨拶

f:id:y_hamada:20180622133636j:plain

《 会長藤田かっ太郎氏のあいさつ 》 

 

 総代会の模様

f:id:y_hamada:20180622134737j:plain

❸ 平成30年度事業計画

f:id:y_hamada:20180622201905j:plain

❹ 平成30年度シニアクラブ浜松市役員

f:id:y_hamada:20180622160301j:plain

浜ちゃん日記  花と緑コンク-ルの写真選定

 花と緑コンク-ルへの応募のため、1年間の活動記録の中から100点ほど選定し、30枚ぐらいに絞り込む作業を行っている。デシカメは便利でいくらでも撮影できるので数千枚となってしまう。

 パソコンの画面で一枚づつ選んでいくとなるとかなりの時間を要することになる。最後の詰めを行っているが、こればかりはプリントしないと選定が難しい。これはと思っても実際にプリントしてみると大したことがないと思われるものも出てくる。

 1次審査は写真で行われるだけに、撮影記録者の腕にかかっている面がある。どんなに素晴らしい活動をしたとしてもそれを十分に記録し表現することは難しいものだ。こんなことで空いた時間を見つけては、ここのところ朝から晩までパソコンに向かって選定作業を行ってきた。

    一日の仕分けと時間配分をしっかりやらないと忙しい毎日となってしまう。ボケている暇がないのとうれしい悲鳴である。

シニアクラブ(131)  シニアクラブ 浜松市 第53回輪投げ大会の成績と締めくくり

    さる6月14日シニアクラブ浜松市第53回輪投げ大会も終わったので、クラブの輪投げ大会を開いて前期を締めくくることとした。次は10月の大会に向けて、新たなる構想で練習を始めることにしたい。

    昨日は、大会の成績を市老連事務局から受領した。歴史のある大会であり、日頃の練習成果と経験回数が如実に反映しているように感じた。

    神原町シニアクラブBは55位・506点、Aは71位・464点、ちなみに神久呂地区の大久保町曙会Aは15位・664点、Bは17位・652点であり、高砂会西山Aは28位・600点、Bは80位・430点であった。

 神原会チ-ムを総括すると次のとおりである。

❶ 実力からして、2回目にしては上出来であった。

 昨年10月に初出場した。今回2回目であり、実力と経験等からすれば上出来の成績であったと思われる。

❷ 全員の大会参加と挑戦意欲が増してきた。

 参加以前の消極的な雰囲気が、大会へ参加し、他のチ-ムの状況を知ることにより大会参加と挑戦意欲が高まってきた。

❸ 練習と経験不足から実力発揮に至らなかった。

 出場経験2回目であり、練習と経験不足がはっきりしてきた。普段の練習成績の半分以下で各人が自分の力を発揮できなかったこと、毎回平均した得点が取れず成績の起伏が目立った。大会の雰囲気にのまれ、安定した得点を出すことが出来なかった。

❹ 大会参加により会員の本気度が出てきた。

 次回に向けて頑張ろうとの意欲が高まってきたこと、各人が自分に合った輪投げを研究するなど技術的な向上を目指すようになった。

❺ 輪投げは、高齢者集団に適した競技である。

 室内でできる。家庭でもできる。小人数でできる。単純明快なプレイである、得点のカウントなど頭の体操に繋がる。準備と後始末が簡単である。

 こうしたことから、会員の参加率も高い。多くの方の意見を取り入れて、活動要領の改善を図り、さらに参加人員の拡大につなげていきたい。

f:id:y_hamada:20180620112057j:plain

f:id:y_hamada:20180620202214j:plain

f:id:y_hamada:20180620202427j:plain

f:id:y_hamada:20180620202543j:plain

f:id:y_hamada:20180620202654j:plain

《 成績結果、団体の部で、上位のチ-ムは平均以上の安定した得点を重ねている。各回の得点にバラツキ、上下の差が激しいところは総合得点が伸びていない。個人の部も同様である。》

シニアクラブ(130)  小豆島の旅(2) 小豆島国際ホテルとエンゼルロ-ド

 6月4日・5日にかけて神原会14名及び百寿会11名の合同でオリーブの小豆島へ1泊旅行をした。 

    小豆島と言えば、何といっても、お目当てはエンゼルロ-ドである。実際にどのように潮の満ち干がなっていくのかこの目で確認したいと思った。幸い小豆島国際ホテルの部屋から眺められた。部屋では窓際の床を選択して、気兼ねなく真夜中でも早朝でも窓から眺められるようにした。

 四季折々によって、情景は変わってくるであろうが、絵ハガキやパンフレットのような情景を見ることができた。立ち位置が異なるだけで、たっぷりと眺めることが出来た。

 日本海の海岸で育った私にとっては、子供のころのふるさと宇野海岸では潮の満ち干は特に印象に残るほどではなかったように記憶している。社会に出て各地の勤務地を転じて激しい潮の満ち干を多く見聞してきた。近くの浜名湖では満潮、干潮の差は顕著である。

 夕刻ホテルに到着するや、一息ついて夕食宴会までに、エンゼルロ-ドなるものを実地検分することにした。写真の通り砂浜は小島に繋がっていた。潮の引いた海岸を歩くと潮の匂いが漂い、たまらなく郷愁を呼ぶものがあった。

 夜分は 宴会を終えて帰ってきて、窓から確認したらすでに潮が満ちていつの間にやら砂浜は消えて海となっていた。この情景はライトに照らされはっきりと確認でき安心して床に就いた。夜半トイレに行った折に窓を覗いて観たら満潮であった。早朝はどうなっているのか関心があったので自然に目が開いた。

 時間的な経過は省くが、徐々にが潮が引き始めたことを確認することが出来た。結構同じ思いの観光客はいるもので、エンゼルロ-ドの先端に立つ人が観られた。その後、洋服に着かえて実地検分することにした。

 カメラは記録写真を多く撮影したが、これぞという作品となる写真を撮るとなると難しかった。この地には再び来ることはないであろうと思い、潮の引いたエンゼルロ-ドを踏みしめたものである。これぞ旅行のだいご味というものであった。

 f:id:y_hamada:20180607143340j:plain

 

 ❶ パンフレットで見る風景

f:id:y_hamada:20180607140444j:plain

 

f:id:y_hamada:20180607214839j:plain

《  小豆島国際ホテルのパンフレットから 》

❷ 6月4日夕刻のエンゼルロ-ド  

f:id:y_hamada:20180604173734j:plain

f:id:y_hamada:20180604174544j:plain

《 エンゼルロ-ドに立ってみた 》

❸ 早朝のエンゼルロ-ド

f:id:y_hamada:20180605043618j:plain

f:id:y_hamada:20180605044804j:plain

 《 未明のエンゼルロ-ド、月が出て遠くには船が行き通いしているのが観られた。 》

❹ 潮が引き始めたエンゼルロ-ド 

f:id:y_hamada:20180605060216j:plain

f:id:y_hamada:20180605061917j:plain

《 徐々に潮が引き始めた。砂浜に潮の干満の跡がきりと残った。》

❺ 朝食を終えたころにはエンゼルロ-ドが出現した

f:id:y_hamada:20180605073705j:plain

《 エンゼルロ-ド が出現した。》

 

浜ちゃん日記  大地震と書斎の書籍の山の整理

1 大阪の地震と被害

  今日6月18日は、朝から雨が降り続いていた。午前は神久呂協働センタ-主催のふれあい大学・健康講座と午後はシニアクラブの定例会・輪投げ大会が予定されており、諸準備のため書斎でパソコンに向かっていた。

 「かすかに揺れると感じた」ので、地震だと思い、直ちに書斎から飛び出し居間にいる家内の様子を確認した。すぐにテレビは、7時58分頃、大阪府北部を震源とする大きな地震があったことを報じ、その後は、大阪府北部で震度6弱京都府南部で震度5強滋賀県南部、兵庫県南東部、奈良県震度5弱を観測、大阪府内で3人の死亡が確認されました。この地震による津波の心配はないとのことであった。

 テレビはもとより、各紙夕刊には、大きな写真入りで被害状況を報じ、各地で停電が発生しているほか、山陽新幹線東海道新幹線が不通になるなど影響が出ていること、政府は首相官邸に対策室を設置した。松井一郎大阪府知事自衛隊災害派遣を要請した。

 今回の関西圏を襲ったマグニチュード6・1の地震は、朝のラッシュ時間帯を直撃したことが特色と言える。神戸と大阪をつなぐ大動脈のJR、阪急、阪神の3路線は運転見合わせが続き、線路を歩く乗客も出た。道路網や空の便も寸断され、移動手段を求めて途方に暮れる姿が各所で見られたことである。

2 地震と書斎の書籍等

 この度の地震で本棚が倒れ挟まれて被害にあわれたことが報じられたので、他人ごとではなくなった。定年後に自宅建設したわが家にはどんなに狭くても自分の書斎を作ろうと思ったものである。それは転々とした官舎生活からの唯一の長年の願望であった。建設工事にあたっては、本棚・書籍の重さに耐えられるように床の強度を特注したものであった。まさに自分のための狭い一部屋である。

 狭い書斎は、パソコンとプリンタ-を囲んで本棚に書籍と資料の山であり、大地震が来れば本棚・書籍に埋もれる危険率は高い。家人とっては書籍に埋もれて本望というわけにはいかないようだ。いずれにしても自分にとっては宝物でも、あの世に持っていくわけにはいかないから整理を迫られている。

3 夕刻ののどかな田園風景

 梅雨前線がとどまり、降り続いた雨も夕刻には止み、田んぼや畑に夕日が輝いた。

しばしの晴れ間であろうが、デシカメを手にしてわが家周辺ののどかな田園風景を収めてみた。田植えの終わった田んぼからは夜になると生きのよいカエルの声が聞こえてくる。青々とした茶畑は来春に備えて大胆に刈込が行われ枝が浮き出るようになった。

 

f:id:y_hamada:20180618185130j:plain

f:id:y_hamada:20180618185612j:plain

f:id:y_hamada:20180618185401j:plain

《 わが家のすぐそばにのどかな田園風景が見られる。特に自慢できるほどではなく、どこにでもあるごくありふれた風景であるところが、これまたよしである。アッと驚くことはないが、落ち着いた風景にこころの安らぎのようなものを感じるからであ。》  

シニアクラブ(129) 定例会の期日の変更と情報連絡紙

 去る6月11日実施予定の定例会は台風5号の影響を見込み期日を変更した。これに伴い実施内容の変更を行った。いったん計画したものを変更すると関連する事項の変更・調整を要することになる。高齢者集団の特性を考慮すればするほど悩ましいところである。最終的には、電話連絡網を再構築し、最新情報を基にギリギリのところで判断・決心するのが最良策ではなかろうか。本日夕刻までに情報連絡紙を配付した。

f:id:y_hamada:20180617195047j:plain