シニアクラブ( 147)  平成30年度シニアクラブ神久呂大会(2)

 平成30年度シニアクラブ神久呂大会が、10月21日浜松市西区神原町の神原会館で開催された。アトラクションの部は、11:45~14:00まで、大久保町・曙会、西山町・高砂会、および神原町・神原会から24組が出演し、三味線、舞踊、民踊、クダンス、ハ-モニカ演奏及びカラオケと素晴らしい内容であり、日ごろの練習成果が披露されました。

f:id:y_hamada:20181021115750j:plain

❶ 三味線 里の秋、武田節、故郷 高砂会 

f:id:y_hamada:20181021115608j:plain

f:id:y_hamada:20181021115208j:plain

 《 三味線の伴走で「故郷「などを全員で歌った。》

❷ 舞踊     還暦祝い節  曙会 

f:id:y_hamada:20181021120536j:plain

➌ 舞踊 冬の花 曙会 

f:id:y_hamada:20181021120813j:plain

❹ 民踊 真室川音頭 高砂

f:id:y_hamada:20181021121329j:plain

❺ レクダンス チャンチキおけさ、東京花売り娘 高砂

 

f:id:y_hamada:20181021122214j:plain

f:id:y_hamada:20181021122628j:plain

❻ 舞踊 銀座カンカン娘 曙会

f:id:y_hamada:20181021123018j:plain

 ハ-モニカ演奏  神原会

f:id:y_hamada:20181021123723j:plain

 

 

 

 

 

シニアクラブ(146)  平成30年度シニアクラブ神久呂大会(1)

 平成30年度シニアクラブ神久呂大会は、10月21日(日)10:30~14:00、神原会館で会員90名が参加し開催された。絶好の好天に恵まれた日和であった。浜松市西区神久呂地区のシニアクラブ連合会は、大久保町・曙会、西山町・高砂会及び神原町の神原会からなり、総勢230名である。

 式典は、10:30~11:15、休憩・昼食11:15~11:45、アトラクション11:45~14:00、と計画通り円滑に運営された。

1    式典

 司会は、杉山誠司シニアクラブ神久呂副会長によって進められた。

f:id:y_hamada:20181021104429j:plain

❶ 開式のことば 土屋隆曙会会長

f:id:y_hamada:20181021103939j:plain

❷ 国旗拝礼・国歌斉唱・物故者に対して黙とう

➌ 私たちの信条唱和    石津谷美津子シニアクラブ神久呂女性部長

f:id:y_hamada:20181021104241j:plain

❹ 地区連合会長挨拶 濵田喜己シニアクラブ神久呂会長

f:id:y_hamada:20181021104417j:plain

❺ 来賓祝辞

〇 浜松市議会議員 和久田哲男氏

f:id:y_hamada:20181021105222j:plain

〇 シニアクラブ浜松市浜松市老人クラブ連合会会長藤田かつ太郎氏

f:id:y_hamada:20181021105503j:plain

〇 神久呂地区自治会連行会長 池谷耕司氏

f:id:y_hamada:20181021110112j:plain

❻ 来賓紹介・役員紹介

❼ 祝電披露 坂本義一シニアクラブ神久呂会計

  環境副大臣衆議院議員 城内実氏からの祝電披露

f:id:y_hamada:20181021110658j:plain

❽ 閉式のことば   立石要二高砂会会長

 

 

 

浜ちゃん日記  夕暮れの虹模様

  午後になって、太陽がさんさんと降り注ぐ中、一陣の雨がやってきた。どの家庭も布団を干したりしていたようで、早く気が付いて、我が家も被害はほんのわずかで済んだようだ。こうしたことからそのうちに、きっと虹が出るであろうと思っていたらほんの短い時間であったが虹をとらえた。

 経験上,虹が出そうだと夫婦で話をしていたら、ほんのわずかであるが天空に虹が展開した。半円形を描くまでには至らなかったが、両端にうっすらと半虹が出てきた。急いでデジカメでとらえてみた。場所によって見え方はずいぶん違うようだ。 

f:id:y_hamada:20181020164810j:plain

《 平成30年10月20日16:45頃の北の虹 》  

f:id:y_hamada:20181020171240j:plain

《 平成30年10月20日17:14頃の東の虹 》

浜ちゃん日記  シニアクラブ地区連合大会の準備

 10月19日、午前は神原町花の会の管理するコスモス畑の整理作業、午後は金曜会に参加してカラオケを歌ってきた。目下のところ21日に開催する地区連合大会の諸準備に精を出している。約110名の神久呂地区内のシニアクラブ会員が神原会館に参集する。 大会は役員を中心とした一致協力があって円滑な運営ができるようになる。

 今回は、神原会が担当であり、意思統一と円滑な運営のために「平成30年度シニアクラブ神久呂大会運営計画」を作成し配付した。事前の打ち合わせを行い抜けのない運営を期した。明日は会場準備へ進むことになる。

 

浜ちゃん日記 秋らしい日和と充実した日々

 晴れ渡る天気に恵まれ、秋らしい秋になった。午前シニアクラブのグラウンドゴルフに参加し、午後は水曜会で輪投げ競技に加わった。夕方の虫の音も心なしか小さくなったように感じる。上空は浜松基地のジェット訓練機が頻繁に飛行した。プレイしながら時折、空を見上げながら若い訓練学生の飛行安全を祈った。

 来る21日の神久呂地区のシニアクラブの連合大会の諸準備で多忙な毎日を過ごしているせいか、ブログを書く暇がない。日々充実した生活が続いているが、健康のたまものであろうか。

 グラウンドゴルフの帰りにコスモス畑によって見た。台風24号の塩害で見る影もなく完全やられてしまった花木も、新しい開花が始まった。自然界の営みに勇気づけられる。花畑の大部分は整理されたが、残余はここにわれありと呼び掛けているようだった。

    

f:id:y_hamada:20181017091929j:plain

f:id:y_hamada:20181017095257j:plain

f:id:y_hamada:20181017103213j:plain

元自衛官の時想(69)  平成30年度「国民の自衛官」顕彰(3)

   去る10月14日、平成30年度自衛隊記念日観閲式が朝霞の地で行われた。式典においては自衛隊の最高指揮官である安倍内閣総理大臣訓示が行われた。全文を読み返してみると、自衛隊災害派遣悪天候下で交通手段が断たれた離島において、患者の命を救うため飛び立ったヘリ部隊の活動の実相を語られ、患者の緊急搬送の任を果たすため、殉職した事案をとりあげられた。

 故建村義知1等陸佐の「自分たちがやらなければ、誰がやる。」との言葉は、全国25万の隊員の思いに共通するものではなかろうか。隊員一人一人の国家・国民への忠誠心と高い使命感、強い責任感によって、わが国の平和と安全は守られている。

 「国民の自衛官の横顔」の記事内容の中に、まさしくその一端を垣間見ることができるのではなかろうか。

❼ 陸自第32普通科連隊本部管理中隊 池内洋子2等陸曹(36) f:id:y_hamada:20180927190714p:plain

❽ 空自航空戦術教導団司令部研究部 坂本大助 2等空佐(49)

f:id:y_hamada:20180926105142p:plain

❾    空自第1輸送航空隊 古田豊幸准空尉(51)

f:id:y_hamada:20180927185528p:plain

➓ 陸自第101不発弾処理隊 内田輝彦2等陸尉(51) 

f:id:y_hamada:20180930104052p:plain