元自衛官の時想(75 ) 平成31年度以降に係る防衛計画の大綱への関心と期待

      平成31年度以降に係る新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」が間もなく決定されようとしている。つばさ会ホ-ムペ―ジ、防衛省自衛隊ホ-ムペ―ジ及び官邸ホ-ムペ―ジを見ながら各新聞報道の内容を自衛隊OBとして最大の関心をもって注視している。なぜならば、わが国の今後の安全保障政策の骨幹をなすものであるからだ。

 さらに、懇談会の設置目的と安倍総理大臣のあいさつにある通り、「政府の最も重大な責務は、国民の命と平和な暮らしを守り抜くことであります。我が国が独立国家として第一義的に果たすべき責任であります。激変する安全保障環境の下、この責任をしっかりと果たしていくためには、国民の生命、財産、そして領土・領海・領空は、我が国自身の自主的な、そして主体的な努力によって守る体制を抜本的に強化していかなければならないと考えています。同時に、陸・海・空という従来の区分に捉われた発想から完全に脱却し、従来の延長線上ではない、未来の礎となる真に必要な防衛力の姿へと、従来とは抜本的に異なる速度で改革を図っていかなければならないと考えています。」

 独立国家としての主体的な国防体制の強化、陸・海・空という従来の区分に捉われた発想から完全に脱却し、従来の延長線上ではない、未来の礎となる真に必要な防衛力の造成がどのような形で示されるかにあるからである。

1    防衛計画の大綱

  防衛計画の大綱について、出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』は次のように解説している。

 『防衛計画の大綱(ぼうえいけいかくのたいこう)は、日本における安全保障政策の基本的指針。概ね10年後までを念頭に置き、中長期的な視点で日本の安全保障政策や防衛力の規模を定めた指針で、これに基づいて5年ごとの具体的な政策や装備調達量を定めた中期防衛力整備計画(中期防)が策定される。略称は防衛大綱(ぼうえいたいこう)。また、各大綱は制定時の年度を基に○○大綱とも通称される。
情勢に重要な変化が生じた場合はその都度改訂されることがあり、必要がなければ10年経っても改訂されないこともある。
 かつては国防会議あるいは安全保障会議を経て、現在は国家安全保障会議を経て閣議決定される。」 

2「 多次元統合防衛力」 防衛大綱の新概念

   産経新聞ニュ-ㇲは、12/13(木) 12:52配信によと、
 「政府は13日、新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」の基本概念を「多次元統合防衛力」とする方針を固めた。陸海空3自衛隊の統合運用の範囲を、宇宙・サイバー・電磁波といった新たな領域にまで拡大することを目指す。与党の了承を得た上で、18日の閣議で決定する。」と報じた。

3    安全保障と防衛力に関する懇談会 

    官邸ホ-ムペ―ジによると、第7回安全保障と防衛力に関する懇談会を次のように発表している。

 平成30年12月11日、安倍総理は、総理大臣官邸で第7回安全保障と防衛力に関する懇談会を開催しました。
 総理は、冒頭の発言で次のように述べました。
「三村座長、そして北岡座長代理、また有識者の皆様におかれましては大変お忙しい中、これまで6回にわたり、安全保障と防衛力に関する懇談会の開催に加えて、3回に及ぶ外部有識者とのヒアリング、さらに自衛隊部隊の視察にも足を運んでくださり、3回という短期間に非常に集中的に御議論いただきましたことに関しまして、心から御礼を申し上げます。
 政府の最も重大な責務は、国民の命と平和な暮らしを守り抜くことであります。我が国が独立国家として第一義的に果たすべき責任であります。激変する安全保障環境の下、この責任をしっかりと果たしていくためには、国民の生命、財産、そして領土・領海・領空は、我が国自身の自主的な、そして主体的な努力によって守る体制を抜本的に強化していかなければならないと考えています。同時に、陸・海・空という従来の区分に捉われた発想から完全に脱却し、従来の延長線上ではない、未来の礎となる真に必要な防衛力の姿へと、従来とは抜本的に異なる速度で改革を図っていかなければならないと考えています。
 委員の皆様方におかれましては、我が国が直面するこの困難な課題に対し、短期間の集中的な議論の中で、それぞれの御視点や御経験を存分にいかしていただき、我が国の将来における防衛力の在り方、目指すべき方向性について大変御熱心に御議論いただきました。内閣総理大臣として、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。」

 ❶ 安全保障と防衛力に関する懇談会の開催について 
  平成 30 年 8 月 27 日 内閣総理大臣決裁 
1. 開催の趣旨

我が国を取り巻く安全保障環境は、現在の「平成26年度以降に係る防衛計画の大綱 について」(平成25年12月17日安全保障会議決定・閣議決定。以下「本防衛大綱」 という。)を策定した際に想定したよりも、格段に速いスピードで厳しさと不確実性を増 している。このような認識の下、従来の延長線上ではなく、国民を守るために真に必要 な防衛力のあるべき姿を見定め、本防衛大綱を見直す。これ に関する作業に資するため、 安全保障と防衛力に関する懇談会(以下「懇談会」という。)を開催する。 
2. 構成

(1)懇談会は、別紙に掲げる者により構成し、内閣総理大臣が開催する。

(2)内閣総理大臣は、別紙に掲げる構成員の中から、懇談会の座長を依頼する。 (3)座長は、必要に応じ、別紙に掲げる構成員の中から、座長代理を指名することが

  で きる。

(4)懇談会は、必要に応じ、関係者の出席を求めることができる。 
3. その他 懇談会の庶務は、関係行政機関の協力を得て、内閣官房において処理する。

3    別紙  安全保障と防衛力に関する懇談会 構成員  
青 井 千由紀 東京大学大学院教授 
岩 﨑 茂 ANAホールディングス株式会社常勤顧問 (前統合幕僚長
加 藤 良 三 元駐米大使     
北 岡 伸 一 東京大学名誉教授・独立行政法人国際協力機構理事長    
黒 江 哲 郎 三井住友海上火災保険株式会社顧問・国家安全保障参与 (元防衛事務次官)     
坂 元 一 哉 大阪大学大学院教授    
土 屋 大 洋 慶應義塾大学大学院教授   
三 浦 瑠 麗 東京大学講師     
(座長)三 村 明 夫 新日鐵住金株式会社名誉会長

安全保障と防衛力に関する懇談会 開催状況
回 数 ・  日 時  ・  関係資料
第1回  平成30年 8月29日  議事次第・配布資料 議事要旨
第2回  平成30年 9月21日  議事次第・配布資料 議事要旨
第3回  平成30年10月 2日  議事次第・配布資料 議事要旨
第4回  平成30年10月19日 議事次第・配布資料 議事要旨
第5回  平成30年11月20日 議事次第・配布資料 議事要旨
第6回  平成30年12月5日   議事次第・配布資料
第7回  平成30年12月11日 議事次第・配布資料

 ❷  第7回 資料     平成31年度以降に係る防衛計画の大綱 骨子(案)省略

つばさ会ホ-ムペ―ジ、防衛省自衛隊ホ-ムペ―ジ及び官邸ホ-ムペ―ジ参照

大綱骨子の方向がとても分かりやすい内容となっている。

  

4    将来の防衛力検討委員会

    防衛省自衛隊ホ-ムペ―ジによると、次の通り発表している。新たな防衛計画の大綱及び次期中期防衛力整備計画が大詰めに近づいているのではなかろうか。

 12月10日(月),12月13日(木)、岩屋防衛大臣を委員長とする『将来の防衛力検討委員会』が開催されました。
「将来の防衛力検討委員会」の開催について     平成30年12月12日  防衛省
1 開催日時   平成30年12月13日(木)13:20~14:00
2 開催場所   A棟11階 第1省議室
3 議題         ,新たな防衛計画の大綱及び次期中期防衛力整備計画について
4 構成員
       委員長:防衛大臣
       委員長代理:防衛副大臣
       副委員長:防衛大臣政務官
       委員:事務次官、防衛審議官、大臣官房長、各局長、各幕僚長、情報本部長、防衛装備庁長官 等

 

元自衛官の時想(74 ) ノーベル賞晩さん会の本庶佑・滋子夫妻と内助の功(2)

 スウェーデン国王主催の晩さん会に向かう本庶佑・京都大特別教授と妻の滋子さんの和服姿が写真付きで報じられた。手をつないでのほほえましい姿に温かいものを感じたものだ。

f:id:y_hamada:20181212235102j:plain

《 出典 産経westライフ 》

1    ノーベル賞の本庶教授夫人は鳥取県立倉吉東高ご出身

 私のブログを毎回読んでくれている羽合中学、倉吉東高の同級生秋田昭之助君が、ノーベル賞の本庶教授夫人は倉東高ご出身だよとメ-ルしてくれた。はっと気がついて、早速、鳥取県立倉吉東高等学校の同窓会である「東京鴨水会」のお知らせ「東京鴨水会通信」メ-ル綴りを開いてみた。

 10月4日発信の「東京鴨水会通信」132号に、「今年のノーベル生理学医学賞を受賞された本庶京大特別教授の奥様は倉吉東高校昭和36年ご卒業の同窓でいらっしゃいます。奈良女子大卒業後に京大理化学研究所勤務を経て本庶佑さんと結婚されました。お父上は打吹公園の近くにある勝入寺の小谷住職で、倉吉東高の英語の先生でもあられましたので、ご記憶の方も多いかと存じます。」とあるではないか。

   一度目を通したはずなのに、ついついうっかりしてしまったようだ。私は同校を昭和29年卒であり、本庶夫人の父上小谷先生には英語を教わった。同窓の一人として、ノ--ベル賞授賞を心からお祝い申し上げます。

2  倉吉東高の同窓会「 東京鴨水会」の活動 

 倉吉東高は、本年110年の歴史を持ち、母校の倉吉では古くから「鴨水同窓会」が設けられている。関東方面では「東京鴨水会」が活発な活動を行っている。昭和の時代に航空幕僚監部、航空総隊司令部等東京及び周辺に勤務した折は、総会等に参加させていただいたことがある。

 東京鴨水会からは、現在も総会の案内をいただいているが、母校の発展を祈りながらも、今日では東京まで出かけることは特別なことがない限り少なくなったが、メ-ル通信をいただいている。ありがたいことです。

 メ-ル通信は、会員の情報を紹介しており、個展・演奏会の開催、著書の出版など、多彩な情報が届き同窓の皆さんの活躍ぶりを拝見することができる。

3   晴れの舞台は夫婦同伴でその栄誉を分かち合う

 ノーベル生理学医学賞を受賞に関しては、スウェーデン国王主催の晩さん会に向かう本庶佑・京都大特別教授と妻の滋子さんが和服姿で手をつないでいる写真が報じられたとき、ほほえましく温かいものを感じた。素晴らしい情景であった。

 夫君の晴れの叙勲・授賞式・授与式・晩さん会など公式の場に、伴侶が招かれることは世界各国共通である。受賞者が妻の場合であろうと夫の場合であろうと同じである。

 昔風に言えば、「内助の功」という言葉がある。長年の功績・成果というものは、夫婦の場合、お互いの伴侶の協力と献身的な支えがあって、功労・功績がなされるものである。晴れの場において、夫婦同伴によってその栄誉を分かち合い、今までの苦労、内助が報われることになる。

 わが国では、文化勲章、春・秋の叙勲などは、受賞者及び配偶者が 皇居に招かれ、天皇陛下に拝謁する栄を与えられる。私もかって35年余の防衛功労で瑞宝小綬章を賜り、妻を同伴し、天皇陛下に拝謁を許された。航空幕僚長主催の祝賀会に夫婦が招かれ、長年の妻の支えに感謝したものである。防衛・警察・消防等の危険業務従事者叙勲も同じである。

 特に公務たる防衛の任は組織力によって達成できるものである。したがって、自分を育成・指導・補佐してしてくださった上司・同僚・部下に対して終生感謝の念を忘れることはないであろう。毎年、年賀はがきの発出を省略することなく行うゆえんのものは「ありがとうございました」「元気で暮らしております」との報恩・感謝の一念に尽きる。

 

元自衛官の時想(73 ) ノーベル賞授賞式に臨んだ本庶佑氏と和服の着用(1)

   2018年のノーベル賞の授賞式が10日午後(日本時間11日未明)、スウェーデンの首都ストックホルムで開かれた。
 がん免疫療法で新たながん治療の原理を確立したとして、医学・生理学賞に輝いた本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大特別教授(76)は「日本で研究してきた」との思いを込め、持参した自前の黒紋付き羽織はかま姿で出席。カール16世グスタフ国王からメダルと賞状を受け取った。
 和服で授賞式に臨むのは1968年文学賞川端康成以来、半世紀ぶりという。(産経新聞の報道記事)と報じられた。

    経歴は、出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』によると次のとおりで、素晴らしい業績を残されたことに敬意を表するものである。

 本庶 佑(ほんじょ たすく、1942年(昭和17年)1月27日 - )は、日本の医師、医学者(医化学・分子免疫学)。学位は医学博士(京都大学・1975年)。京都大学名誉教授・高等研究院副研究院長・特別教授、公益財団法人神戸医療産業都市推進機構理事長、ふじのくに地域医療支援センター理事長、静岡県公立大学法人顧問、お茶の水女子大学学長特別招聘教授。日本学士院会員、文化功労者文化勲章受章者。
京都大学医学部副手、東京大学医学部助手、大阪大学医学部教授、京都大学医学部教授、京都大学大学院医学研究科教授、京都大学大学院医学研究科研究科長、京都大学医学部学部長、内閣府総合科学技術会議議員、静岡県公立大学法人理事長、先端医療振興財団理事長などを歴任した。
免疫チェックポイント阻害因子の発見とがん治療への応用により、2018年にノーベル生理学・医学賞をジェームズ・P・アリソンと共同受賞した。

1   晴れの舞台における和服の着用

   新聞・テレビの報道を見て、まず注目したのは、ノべール賞授賞式に出席した本庶佑さんの和服姿が印象的であった。授賞式では男性は燕尾服を着用するのが通例だとのことであるが、自前の紋付羽織はかまで身をまとい出席されたとのことである。本庶さんは日本で研究した思いを和服に寄せて、晴れの舞台に臨まれたようだ。

 和服は、文字通り「和」の「服」、すなわち日本の衣服という意味である。この言葉は明治時代に、西洋の衣服すなわち「洋服」に対して「従来の日本の衣服」を表す語として生まれたといわれている。

 国際的な晴れの舞台で、日本の男性として、和服で臨まれたのは良かった。世界的な感覚からすれば、和服は日本の象徴であり民族衣装ととらえてよいのではなかろうか。その点では、授賞式においても際立っており、「ここに日本男子あり」と好感が持てた。

    本朝のニュ-ㇲでも、スウェーデン国王主催の晩さん会に向かう本庶佑・京都大特別教授と妻の滋子さんの和服姿が写真で報じられた。手をつないでのほほえましい姿に温かいものを感じた。

 やはりこうした世界の晴れの舞台は、日本人には和服が似合うことを改めて感じさせられたのは私だけであろうか。

2   日常生活における普段着の和服着用

 和服も、自前の紋付羽織はかまをそろえるとなると大変である。特に女性の和服一式をそろえるとなると結構な物入りである。紋付となると注文して家紋をつけてもらうことになる。先祖代々の家紋にとらわれなければ、今や貸衣裳など利用でき便利になったものだ。

    それにしても、今日、一般の 庶民にとって、普段の生活で和服・着物を着るということは特別なことがない限り見られなくなった。私ももっぱら洋服のみになった。洋服の類は普段着も安くてしっかりしたものが出回り、和服は特別な時のみのとなった。

 かって、昭和の航空自衛官時代、昼間は制服を着用していたので、30代から40代においては、裃を脱ぐ思いで、夏場を除き、家にいるときだけは普段着として着物を着用していた。とてもくつろいで過ごすことができたように記憶している。家内も着物姿が多かったように覚えている。 

f:id:y_hamada:20181211151241j:plain

f:id:y_hamada:20181211151502j:plain

《 テレビ報道の画面から 》 

シニアクラブ(158 ) 定例会・わくわくゲ-ム大会

  12月定例会・ゲーム大会が行われ参加した。ゲームは、輪投げ・健康吹き矢・ペターコートの3種目で大いに盛り上がった。会員の参加状況も良好で、前日に定例会開催についての情報連絡紙を配布した。

   新年を迎えた1月7日は、1月定例会・新年会を開き、新年交歓と演芸大会を行う予定です。

f:id:y_hamada:20181211095219j:plain

f:id:y_hamada:20181210134147j:plain

f:id:y_hamada:20181210142942j:plain

f:id:y_hamada:20181210143150j:plain


 

浜ちゃん日記  寒風の中の菜の花の開花

    今週から本格的に寒くなった。今朝は寒風にさらされ、底冷えする天候であるが、シニアクラブの定例の月曜会グラウンドゴルフに参加した。ふと見ると健康広場の駐車場の一角に菜の花が咲いていた。先週の春のような温かさに誘われたのであろうか。前年のこぼれ種から自然に播種したものであろうが、その強靭な生命力に驚くばかりである。自然界においてはこれが普通の事であろう。

     健康広場の外柵沿いの花ラインに蒔いた菜の花は、1~2cmほどの成長である。これから寒い冬を越し、やがて早春の風物詩として地域を彩ってくれるであろう。

 

f:id:y_hamada:20181210094926j:plain

 

 

 

航空自衛隊第1期操縦学生(62 ) 航空学生出身者の団司令(将補職)への登用と 最近における航空自衛隊航空学生の応募及び採用状況の推移

 戦後初の自衛隊の航空学生制度、とりわけ航空自衛隊の航空学生の状況については、かって籍を置いた第1期航空学生(第1期操縦学生)出身者としては、いつの時代も気にかかるものである。

1   航空学生出身者の団司令(空将補職)への登用 

 特に、航空学生出身の優秀者の将官への昇進と将補ポストへの登用については、航空学生の処遇に関わる事であり最大の関心をもって見守ってきた。平成の初めの時代、第1期からは菅原淳君が1等空佐で航空安全管理隊司令(空将補職)に配置され、次いで空将補に昇進し第4航空団司令、兼ねて松島基地司令(平成3年(1991年)7月~4年(1992年)6月)に補職された。これが航空学生出身者の将官配置への第1号であった。

 最近の状況を見ると、第12飛行教育団司令かねて防府北基地司令に、37期山頭彰1等空佐が平成27年(2015年)8月~30年(2018年)が補職され、空将補で退官された。次いで38期 浜 博志1等空佐 が平成30年4月 同職に補職された。

   古来.「補職は人を育てる」と言われている。優秀な人材を登用することは、航空自衛隊の士気を高め、精強化につながり優秀な人材を確保することができる。

   防衛省自衛隊自衛官募集ホ-ムペ―ジによると「航空自衛隊第12飛行教育団は、航空教育集団の隷下部隊として、航空学生課程の他、飛行準備課程、初級操縦(T-7)課程の教育、操縦適性検査および基地機能の維持のための業務を行っています。
航空学生課程では約2年間、パイロットになるための訓練や将来幹部自衛官になるために必要な訓練を行います。卒業後は、飛行準備課程、初級操縦(T-7)課程へと進みます。現在、航空自衛隊パイロットの約7割は航空学生出身者です。」と紹介している。 

2  最近における航空自衛隊航空学生の応募及び採用状況の推移 
 平成30年版の防衛白書によると、本年4月に入隊をした平成29年度航空自衛隊第74期航空学生は応募者数2,309名(うち女子227名)に対して採用者数68名(うち女子5名)で、競争率は34.0(女子45.4)倍と公表されている。
 創設期の第1期操縦学生の入隊207名・34倍と比べても大変な競争であることを知ることができる。また、その他の各種採用試験とも比較するとその厳しさが理解できる。

 平成23年度~29年度の航空自衛隊航空学生の応募及び採用の推移を各年の防衛白書より抜粋整理したものである。
年度(期)・応募者数・採用者数・競争倍率
23年度(68期) 2,823(197) 39(1) 72.4(197.0)
24年度(69期) 3,062(182) 49(2) 62.5(91.0)
25年度(70期) 3,114(217) 45    69.2
26年度(71期) 2,908(233) 50(4) 58.2(58.3)
27年度(72期) 2,820(255) 52(1) 54.2(255.0)
28年度(73期)2,833(281)  66(6)    42.9(46.8)

29年度(74期)  2,309(227)  68(5)   34.0(45.4) 
( )は女子で内数

3   平成29年度自衛官などの応募及び採用状況
  30年度版防衛白書 出典

f:id:y_hamada:20181207225354j:plain

f:id:y_hamada:20181207225437j:plain


 

シニアクラブ(157 ) シニアクラブ浜松市役員視察研修・半田赤レンガ建物の見学(4)

    11月29日~30日 シニアクラブ浜松市浜松市老人クラブ連合会の役員視察研修に参加した。この研修は本部役員、地区連合会長及び女性部地区代表等34名が参加して行われた。
 研修先は,安城市石川丈山苑、半田赤レンガ建物の見学、南知多ラドン温泉・美舟での宿泊・懇親会、常滑やきもの散歩道(散策)、あいち航空ミュ-ジァムなどを見学した。

   特に印象の強かったのは、半田赤レンガ建物であった。明治時代のレンガ建物が頑強に作られ、今日まで現存しているいることに興味を持った。また、明治時代の国造りの一端を見る思いがした。ドイツの技師を招き、本格的なビ―ルづくりに挑戦した先覚的な産業人の意気込みなどが伝わってきた。

❶ 半田赤レンガ建物の見学

f:id:y_hamada:20181129135110j:plain

f:id:y_hamada:20181203111142j:plain

❷  よみがえる半田レンガ建物

f:id:y_hamada:20181203111215j:plain

f:id:y_hamada:20181203111228j:plain

➌ 半田赤レンガ建物の特徴

f:id:y_hamada:20181129135601j:plain

f:id:y_hamada:20181129142655j:plain

f:id:y_hamada:20181129142850j:plain

f:id:y_hamada:20181129143022j:plain