浜ちゃん日記   花川運動公園、東大山の河津桜まつり・環境保全とまちづくり

  今日は陽気の一日であった。午前に花川運動公園を散策し、東大山の河津桜を見物した。花川公園の桜も素晴らしいものだ。東大山の河津桜は、県西部最大規模で見ごろである。ちょうど今日から桜祭りも始まった。
 浜松市西区大山町・桜台に流れる花川の南北両堤防に、400本の河津桜が開花し、菜の花も咲いて見応えがある。

【桜祭り開催日】
2月23日(土)、24日(日)、3月2日(土)、3日(日)/10:00頃~15:00頃

❶ 花川運動公園の桜

 花川運動公園は両端までゆっくりと散策した。健康的で結構な距離であった。多くの家族が利用しており、本当に自然に恵まれた場所である。わが家から車で20分もあれば行ける。

f:id:y_hamada:20190223110314j:plain

f:id:y_hamada:20190223110233j:plain

《 花川運動公園は、テニスを楽しめるほか、散策に適した場所である。今日も楽器を奏でる音色が流れてきた。子供たちはのびのびと遊具で遊んでいた。》 

❷ 東大山の河津桜f:id:y_hamada:20190223121028j:plain

 今日の東大山の河津桜と菜の花畑

f:id:y_hamada:20190223121139j:plain

f:id:y_hamada:20190223121558j:plain

f:id:y_hamada:20190223122224j:plain

《 花川の堤防に咲く河津桜は壮観である。ゆっくりと桜を満喫できる。菜の花畑と調和していた。》

❹ 環境保全とまちづくり

f:id:y_hamada:20190223121021j:plain

f:id:y_hamada:20190223122706j:plain

《 和地ふるさと会 など地域の環境保全やまちづくりの活動の一端にひかれた。「みんなで作ろうふるさとの色」、桜の花も美しいが、何よりも地域を愛する諸活動が尊い。住民の心が伝わってきた。》




 

 

シニアクラブ(166) クラブの活性化と 輪投げの効用

    シニアクラブの活動の中に毎週水曜日午後約2時間、「健康サロン」を設け、最初に準備体操を兼ねてロコモ-ショントレ-ニングを行い、次いで3個チーㇺに分かれて輪投げ競技を行っている。愛称は、水曜日を定例としていることから「水曜会」と称し高齢者にとって覚えやすくしている。

 輪投げは、シニアクラブ浜松市大会が年に2回行われている。平成31年度の第1回は55回目となり歴史は古い。当会は2年前から大会に参加している。輪投げは古くから取り入られていたが、2〜3ケ月に1回、たまにゲーム大会をやる程度であった。

 輪投げを本格的に取り入れることによって、シニアクラブの活動の活性化を図ることとしたが、会員の半分、常時20名と参加率は高く、毎回活気と笑いが絶えない程になった。ただ単にプレイをするだけではなく、遊び感覚を取り入れ、全員参加賞のほか成績の上位者及びとび賞を設けることにした。要するにどの順位であってもチャンスがあることにした。 

 高齢者集団にとって、輪投げは自分の体力に応じた投げ方ができること、輪投げによって自然に身体を動かすことができる、得点等の計算で頭を使うことができるほか、順位をつけると競争心も出てきて、投げ方などの工夫から改善や競技の集中力などが増してきている。何よりも活気と笑いがあることが良い。

   また、天候に左右されらことなく室内でできる。自治会の管理する神原会館で行うことから集まり易いという利点がある。室内は冷暖房完備で快適である。

 輪投げ器材は3個装備し、組み分けはくじ引きで3組に分かれ、前段5回、休憩後,後段5回、合計10回の総合得点で競うことになる。得点の上位者は上位を狙い、中間者と下位者はとび賞で大当たりと好評である。不思議なことに、上位者は良く入れ替わり面白くなっている。今や一番人気のゲームとなってきた。

 輪投げの器材の配置、採点表の準備、椅子の配置、参加賞の配列などすべて、全員で一斉に準備することとし、撤収も同じように行っている。従前、役員があらかじめ準備していたがこの方式を取り止めて、すべて定時になってから全員で一斉に準備作業を始めることにした。わずか3分程度で完了するようになった。

    シニアクラブの単位クラブの運営に当たっては、会員の多少にかかわらず、諸活動の陣頭に立って誠心誠意事に当たることに努めている。運営に秘策はない。トップは率先垂範、これ以外にないと確信し実行している。

f:id:y_hamada:20190220142400j:plain

f:id:y_hamada:20190220145125j:plain

f:id:y_hamada:20190220142349j:plain

 

浜ちゃん日記 早朝の月と船舶係留地の夕暮れ

 今朝は早朝目が覚めて外を見たら月あかりでまぶしいくらいであった。トイレに行くついでにちょいと窓ガラスを開けて月の様子を撮ってみた。お月さんは満月であろうが上弦、下弦であろうが、いつの時期も形が整っており安定感がある。

 夕方、浜名湖近くの店に出かけた折に、ヨットなどの船舶係留地のそばで、沈む夕日を眺めた。毎日、忙しい日々を過ごしているが、しばし自然に目を向けると心が静まるのを感じる。平穏無事な一日に感謝する。ごくありふれた自然の様子が一番座りが良いものだ。

❶ 2月21日早朝の月

f:id:y_hamada:20190221043128j:plain

 船舶係留地の夕暮れ

f:id:y_hamada:20190221173055j:plain

f:id:y_hamada:20190221173027j:plain


 

浜ちゃん日記 二十四節気の雨水と草花

    昨日2月19日は二十四節気の一つ『雨水(うすい)』てあった。遠州地方は雨が降り自然界のめぐりあわせに感嘆するばかりであった。今日は快晴、あったかい日であった。立春から2週間過ぎ、暦の上では確実に春に向かっている。

 散歩の途中に、神原町の花畑に寄ってみたら、草花も昨日の雨をたっぷりと恵んでもらってか生き生きとしていた。次の散歩では、つくしが生えている場所に出かけたいと思っている。目指すものがあると散歩も楽しさが倍加するものだ。

わが家の庭木の白梅も全開となった。

f:id:y_hamada:20190220170541j:plain

 

神原町花の会(花美原会)(373 ) 平成30年度第21回「浜松市の花と緑のコンクール」審査結果と表彰

    魅力的な花壇や庭作りの腕を競う平成30年度第21回「浜松市の花と緑のコンクール」表彰式が、昨日2月18日.浜松市南区の可美公園総合センターで行われ、9部門で33の個人・団体が表彰された。

    当会は、地域の部で優秀賞を受賞しました。今回の「花だより」の町内隣保回覧をもって町民の皆様に受賞を報告します。花協同活動参加者並びに自治会、町民各位の協力支援の賜物であり感謝申し上げます。また、会報では 春のポピーの育成に向けて、3月の協同活動についてのお知らせをしました。

❶  平成30年度第21回「浜松市の花と緑のコンクール」の審査結果 

f:id:y_hamada:20190219212118j:plain

 

f:id:y_hamada:20190219111626j:plain

《 平成30年度第21回「浜松市の花と緑のコンクール」冊子から 》

❷ 花だより

f:id:y_hamada:20190219211610j:plain

 

隊友会活動( 38) 浜松市建国の日奉祝式典参加と運営支援

1   隊友会の式典運営の担任

    さる2月11日は「建国記念の日」.「第35回浜松市建国記念の日奉祝式典」が、浜松市中区アクトシティ浜松で開かれた。わが家の玄関には家内が国旗を掲げてくれた。

   隊友会は式典運営の一翼を担っており、その運営要員の一人として、午前8時前にバスに乗り浜松駅に向かい、8時30分には会場に到着した。

    隊友会は、本式典については、長年の運営支援参加から分担内容が決まっており、毎年隊友に運営支援参加者を募り、支援計画によりあらかじめ参加者、任務担当、集合時間など明示した。毎度のことながら、定時定点の集合で、9時の開館となるや、どの団体もまだ集まっていないうちに、搬入口から手慣れた手順で会場内へ式典用の諸備品を搬入した。

    隊友会の担当内容は、保安警備・記録・来賓、講師お茶接待・救急患者対応を担当した。また、遺族会も保安警備を担当した。つばさ会は反省会を担当した。自衛隊OBらしい役割と言える。

     記念講演会が終わった後、反省会に参加し、夜8時過ぎに帰宅した。

2   写真で綴る浜松市建国の日奉祝式典

❶ 浜松市建国の日奉祝式典 大会プログラム

f:id:y_hamada:20190216213850j:plain

f:id:y_hamada:20190216214016j:plain

❷ 式典会場 アクトシティ

f:id:y_hamada:20190211082647j:plain

《  浜松駅に接続して鎮座するアクトシティは浜松の象徴でもある。文化都市の殿堂としての役割を果たしている。大規模のホールは大・中あるが、建国記念行事は中ホールが使われている。》

f:id:y_hamada:20190211110658j:plain

f:id:y_hamada:20190211114449j:plain

 《  アクトシティのホールは、大中を含めて過去何回も隊友会の各種支援で舞台裏に立ち入る機会があった。中ホールの舞台裏や舞台上から観客席を眺めた感じは格別である。また、2階席等から見渡すと別の視点から眺められる。実に立派な施設であることに驚く。式典には約1千人ていどが参加した。》

➌ 全体ミ-ティング

f:id:y_hamada:20190211100317j:plain

《 全体ミ-ティングは、上田祐末氏の司会のもと、江川運営委員長の挨拶、所要事項の説明、参加団体の紹介・隊友会・モラロジ-‣つばさ会・ブル-リボンの会・遺族会オイスカ高校‣幕屋・新教育者連盟・my日本・江川グル-プ等が行われた。どの団体も奉仕の精神で自主積極的に活動しており敬服する。とりわけ、オイスカ高校生の継続した活動は賞賛に値する。一般的なボランティア活動はどこでもみかけるが、建国記念の行事に毅然として参加する生徒たちに明るい未来を感じるのは、私だけであろうか。》

f:id:y_hamada:20190211100427j:plain

《 全体統括の運営委員長江川邦彦氏、運営及び任務分担の全般状況及び注意事項を指示された。 》

 

 合唱団等のリハーサル

f:id:y_hamada:20190211111823j:plain

《   ステージでは、浜松ライオネット児童合唱団、指揮伴奏などのリハーサルが行われた。》

❺ 昼食  隊友会浜松支部

f:id:y_hamada:20190211105434j:plain

《  交代で早めの昼食を済まさせた。》

❻ 保安・警備打ち合わせ 隊友会浜松支部

f:id:y_hamada:20190211113144j:plain

 《 新田支部長の指揮のもと、保安警備について、ホール担当者を交えて、非常時の場外への誘導対処、救急対処などを打合せ・確認し配置についた。》

❼ 受付等準備完了及び入場

f:id:y_hamada:20190211124752j:plain

(  受付等は、オイスカブルーリボン、my日本、モラロジー、新教連、阿川Gなどが、一般・主催者、来賓,書籍販売などを担当した。》

 ❽ 式典会場

f:id:y_hamada:20190211131011j:plain

❾ 主催者席

f:id:y_hamada:20190211130113j:plain

《   開会・閉会の辞は、シニアクラブ浜松市会長藤田かつ太郎氏などで行われた。》

❿ 来賓席

f:id:y_hamada:20190211133615j:plain

《  浜松市長・市議会議長、国会議員、県議会議長及び県議、市議会議員が出席された。》

⓫ 国歌斉唱と指揮

f:id:y_hamada:20190211130225j:plain

f:id:y_hamada:20190211130237j:plain

《  国歌斉唱と指揮  》

⓬ 奉祝運営委員会会長 御室健一郎氏の式辞

f:id:y_hamada:20190211130459j:plain

《   奉祝運営委員会御室会長は、建国の日の意義とこの日が多くの国民に親しまれることを強調された。ご譲位される天皇陛下皇后陛下と浜松との関わりにも触れ、わが国の新しい御世と皇室の弥栄をことほぐされた。》

⓭ 来賓祝辞及び来賓紹介 

   浜松市鈴木康友氏・市議会議長飯田末夫氏・衆議院議員塩谷立氏・衆議院議員源馬謙太郎氏・静岡県議会議長渥美泰一氏の祝辞のほか来賓の紹介が行われた。写真省略

⓮ 記念発表 浜松ライオネット児童合唱団

f:id:y_hamada:20190211134447j:plain

f:id:y_hamada:20190211135035j:plain

《   浜松市ライオンズクラブの後援により誕生した合唱団である。浜松及び静岡県で奨励賞を受賞するほかは海外演奏も行なっている。「春の小川」・「春よこい」「手のひらを太陽に」などのほか浜松市歌も披露した。児童合唱団の真髄を発揮した。》

⓯ 意見表明   静岡雙葉高校 2年佐野来実さん

f:id:y_hamada:20190211135621j:plain

《  静岡雙葉高校2年佐野来未さんは、しっかりとした口調で、若い世代から見た日本の未来への考えを意見表明した。》

⓰ 奉祝歌

f:id:y_hamada:20190211140631j:plain

《  奉祝歌「紀元節」を合唱した。大東亜戦争時の小学生の頃、紀元節にはオルガンに合わせて合唱したことを思い出した。多くの人が歌詞を広げて歌ったが、まもなく昭和も幕を閉じる。明治、大正はさらに遠くなるであろう。》

⓱ 万歳三唱 奉祝運営委員会顧問 隊友会 小椋靖氏

f:id:y_hamada:20190211140911j:plain

《  隊友会小椋靖氏が力強く万歳三唱の音頭をとった。》

 ⓲ 記念講演 テ-マ ご即位30年をことほぐ  博多の歴女 白駒妃登美さん 

    講演に先立って、講師の紹介ビデオ上映があった。高校生の作品で、優秀作品として放映されたことがあるとのことであった。

    産経新聞は、講演を次のように報じた。    

「 白駒さんは、鎌倉時代元寇や幕末のペリー来航など数々の苦難に遭遇するものの、そのたびに「皇室の祈りと先人たちの高い志があって日本は国難を乗り越えて来た」と指摘され、 さまざまなエピソードを交えつつ、「今上陛下は戦後、象徴天皇として模索された昭和天皇に負けない険しい道のりを歩まれたが、美智子皇后とともに、素晴らしい皇室の在り方を示してくださつた」と締めくくった。」

f:id:y_hamada:20190216215105j:plain

f:id:y_hamada:20190211155644j:plain

f:id:y_hamada:20190211143756j:plain

f:id:y_hamada:20190211155243j:plain

《  講師の白駒妃登美氏は、博多の歴女として知られ、日本の歴史や文化の素晴らしさをを国内外に発信している。「ご即位30年をことほぐ」ひのもとの国を支えてきた、先人の「志」と皇室の祈りと題して講演した。素晴らしい内容であった。》

⓳ 反省会

① 会場の様子

f:id:y_hamada:20190211164833j:plain

《  反省会は、楽器博物館研修交流室でつばさ会が準備設営を担当した。役員・運営従事者が参集し、講師白駒妃登美さんを交えて反省会が行われた。講演に関連して活発な意見が出され、さながら勉強会となり盛り上がった。特に、外国からの留学生が混じったオイスカ高校生の感想などにはしっかりした高校生だと賞賛の声が上がった。》

⓶ 会長 御室健一郎氏

f:id:y_hamada:20190211175511j:plain

《  奉祝実行委員会役員及び運営に参加された皆さんに感謝の意を表明された。充実した式典及び記念講演会が成功裏に終わり喜びの笑顔があった。》

③ 運営委員長 江川邦彦氏

f:id:y_hamada:20190211164111j:plain

《   浜松市の建国の日奉祝式典行事は、今年35回を数えた。情熱を持って終始一貫して、誠実に運営の統括に当たられた功績は素晴らしいものがある。ここに人ありの感があった。》

④ 記念講演 講師  白駒妃登美さん

f:id:y_hamada:20190211170124j:plain

 《  日本の歴史と皇室についての所信は同感することが多かった。積極的に日本の歴史や文化の素晴らしさを講演活動で堂々と表明していることはすばらしいことだ。笑顔を絶やさないで、トラペンなど使わず、語り一本で講演をされた。なかなかできることではない。》

 








 

 

 

 

わが神久呂  平成30年度第2回 神久呂中学校区青少年健全育成育成会総会

   平成30年度第2回 神久呂中学校区青少年健全育成育成会(神久呂の子をよくする会)総会が2月16日午前、神久呂協働センタ -で行われ、シニアクラブ神久呂地区連合会長として参加した。

 主として、平成30年度の専門部会の活動報告と会計報告が行われた。あいさつ標語優秀作品13名の表彰が行われたが、応募総数189編から選ばれたもので、どの子も表彰状と賞品を手にした時の笑顔が 素晴らしく印象に残った。クリアファイは1300枚作成・配布されるとのことで大きな励みになるであろう。

❶ 総会次第

f:id:y_hamada:20190216093837j:plain

❷ 健全育成会会長 犬飼一裕氏の挨拶

f:id:y_hamada:20190216093240j:plain

➌ 浜松市議会議員 和久田哲男氏の挨拶

f:id:y_hamada:20190216093818j:plain

❹ 総会の様子

f:id:y_hamada:20190216093304j:plain

❺ あいさつ標語優秀作品 クリアファイル

f:id:y_hamada:20190216091805j:plain

f:id:y_hamada:20190216093620j:plain