シニアクラブ(123) 輪投げの効用と大会出場選手の選定

   25日朝は、前線を伴った低気圧が日本列島を東に進んだ影響で静岡県内は、激しい雨が降った。浜松市磐田市掛川市などでは大雨、洪水警報が出されたが、午前中に全て解除されたと新聞・テレビは報じた。

   当地区も 激しい雨であったが、短時間であったせいか被害はなかったようだ。午後は快晴、輪投げを主体としたシニアクラブの水曜会の参加者は16名と上々であった。

 毎週水曜日の輪投げは参加率が高い。その魅力は、笑いがあるということであろう。普段は個人プレイを主としていることが良いようだ。それぞれが調子が良い日もあれば悪い日もある。ここに笑いが生まれる。笑いがある中でロコモも行い、健康につながっていけば最高ではなかろうか。

   今週から6月実施されるシニアクラブ浜松市輪投げ大会の出場選手の選考を兼ねての練習会を行った。毎回のやり方と同じであるが、選手選考に繋がる総合点を競うことからおのずと結構盛り上がるものだ。

    高齢者集団の場合は、あらかじめ選定基準を明確にし、みんなの同意で決めることにしている。公平性と納得性を重視することにした。その要領は、1個チーム6名であることから、3回の総合成績で上位から6名を選び、チームを編成することしている。少なくとも2個チームは編成したい。高齢者集団であることから数名補欠予備員を設けることにしている。

    クラブにおける輪投げの歴史は古いが、昨年から本格的に輪投げを始め、市大会に初参加した。短期間のためか、まだまだ、プレイ経験と技量面では、その都度、総合成績も上下のブレがある。回を重ねるにつれて実力が付き、概ね平均した点数がとれるようになるであろう。真剣さの中に笑いがあるひと時を過ごせたことに感謝した。   

f:id:y_hamada:20180425135511j:plain

f:id:y_hamada:20180425135532j:plain

f:id:y_hamada:20180425145103j:plain

f:id:y_hamada:20180425145119j:plain

 《 輪投げ模様 》

 

シニアクラブ(122)   平成30年度シニアクラブ活動推進相談員研修会に参加して

   4月24日午後、磐田市文化振興センターにおいて、シニアクラブ活動推進相談員研修会が開かれ参加した。シニアクラブ地区連合会長就任に伴い当地区の相談員に指定されたものである。

 研修会は、シニアクラブ静岡県副会長寺田住弘氏の挨拶に次いで、活動推進相談員制度について岩田県事務局長から説明があり、磐田市のクラブ活動推進相談員の野澤正利氏の「城之埼城和会の活動経験」について貴重な発表が行われた。質疑応答等の後散会した。

 野沢氏の活動経験発表は、城之埼城和会が2回の解散危機を乗り越えた経験と教訓が主題であった。各地域によってクラブの特性があるとはいえ、会員69人から現在123人となったことは驚異的な事柄であり大変参考になった。その秘密はどこにあったであろうか。つまるところ、シニアクラブも人の集まりであることから、先頭に立つリ-ダ-の熱意と努力、役員の一致協力、自治会等関係部門との協力連携の成果であったように理解し受け止めた。

 わが地区連合会における今後の課題は、西山・大久保・神原3町各クラブの会員拡大と神ケ谷町のシニアクラブの再興にあり、各クラブ会長及び関係自治会長と連携して努力して参りたい。

 

f:id:y_hamada:20180424133435j:plain

《 シニアクラブ活動推進相談員研修会の様子 》

f:id:y_hamada:20180424134913j:plain

《  磐田市のクラブ活動推進相談員の野澤正利氏が「城之埼城和会の活動経験」について発表された。》

f:id:y_hamada:20180424234800j:plain

f:id:y_hamada:20180424234658j:plain

 《 講師 クラブ活動推進相談員野澤正利氏の「城之埼城和会の活動経験」の要旨、この中に他では見られないもの、共通するものなどがある。》

神原町花の会(花美原会)(333) ポピ―が見ごろとなった!。

 神原町花の会(花美原会)の管理する「花と緑いっぱい区域」のポビ-が見ごろとなった。平成19年から「神原町を花と緑がいっぱいある明るい町にしよう」と住民有志が中心となって、神久呂協働センタ-の東側に花壇及び花畑を設け、「花と緑いっぱい活動」を行ってきた。

 本年も、住宅に囲まれたポピ-花畑約1,000平方メ-トルに昨年11月5日に種まきをし、育ててまいったものが、ここのところの降雨と気温の上昇で、小柄ながらいっぺんに赤を中心とした、ピンク、白色の花が咲き住宅地を華やかに彩るようになった。

 現在は8分咲といったところであろうか。4月26日から5月20日ごろまでがポピーの見頃になるであろう。今年の特色は、降雨がなかったことと寒冷のためであろうか、本命の線まきした部分の生育が遅かったのに対して、昨年のこぼれ種で成長した通路部分の生育分が、ここのところの温暖で一気に開花したことである。

 例年であれば、線まき部分だけを残し通路に成長したこぼれ部分は雑草と一緒に取り除いていたが、今回は線まきと自然播種部分の双方を残した。

 したがって、成長の良い自然播種部分の開花が終わってから線まき部分が遅れて開花することになると思われるので、全体としての開花期間は長くなるであろうと予測している。

 4月の第2回花協同活動は、4月28日(土)午前8時からポピ-花畑の草取りを行います。

 恒例の無料の花摘み体験は、4月27日(金)からポピ―畑3区画の内、後ろの区画から逐次花摘み体験に解放していきます。

f:id:y_hamada:20180424073121j:plain

f:id:y_hamada:20180424072946j:plain

f:id:y_hamada:20180424072121j:plain

f:id:y_hamada:20180424063044j:plain

《 平成30年4月24日朝撮影、  小柄ながらいっぺんに赤を中心とした、ピンク、白色の花が咲き住宅地を華やかに彩るようになった。》

  

自治会活動(31) 平成30年度神原町自治会役員及び諸団体役員・委員の懇親会

  4月22日夕方、平成30年度神原町自治会役員及び諸団体役員・委員の懇親会が開かれシニアクラブの会長等として参加した。新年度となり自治会も諸団体も新たな役員で発足した。町内の関係者が一堂に会してお互いの情報を交換しあったり親睦を深め明るいまちづくりに資するものである。

 自治会副会長柴田和久氏の司会のもと自治会長犬飼一裕氏の挨拶、会長・副会長・会計・部長及び班長等の自治会役員、婦人会・青空子供会・シニアクラブ・花の会・お囃子愛好会・祭り青年会・部農会・農業水利組合・簡易水道組合等の町内諸団体、役員自主防災隊長・副隊長及び部長・環境推進委員・役員選考委員会・会館運営委員会・防災委員・児童民生委員・保護司・交番評議委員・交通安全推進員・暴力追放推進員・地域安全推進員・振り込め詐欺撲滅指導員などの各種役員の紹介が行われ懇親を深めた。

 また、地元選出市会議員和久田哲男氏及び衆議院議員城内実氏の活動報告と激励の挨拶が行われた。

 この懇親会は、恒例の自治会行事となっており、とても有意義な懇親会となっている。

f:id:y_hamada:20180422183840j:plain

《 自治会長犬飼一裕氏の挨拶 》

f:id:y_hamada:20180422184121j:plain

《 自治会副会長柴田和久氏の司会 》

f:id:y_hamada:20180422192652j:plain

《 地元選出市会議員和久田哲男氏の報告と激励 》 

f:id:y_hamada:20180422184824j:plain

《 衆議院議員城内実氏の報告と激励 》

浜ちゃん日記 わが家付近の濃い朝霧

 昨日4月22日朝の霧はすごかった。午前5時頃目を覚ましたら外は濃い霧に包まれていた。こんなことは一年に1回あるかどうかなので、カメラをもってわが家の付近を散策した。時折、早朝散歩の知り合いと出会ったが、挨拶をかわした後、しばらくすると霧の中に消えていった。6時30分過ぎになると霧は次第に消えて、何もなかったかの如くいつものよう快晴の朝がやってきた。

 濃霧の中でも木々からスズメなどの鳴き声が聞こえてきた。付近では車の往来は1台だけであったが、ライトの光も霧に包まれており安全運転を祈った。

 ネットで見ると、各地でここのところ濃霧が発生しているとのことであった。夜露でどの程度草花の葉っぱに快適が残っているだろうかと庭の草花を観察したら御覧の通りであった。

f:id:y_hamada:20180422061932j:plain

f:id:y_hamada:20180422052422j:plain

f:id:y_hamada:20180422052536j:plain

f:id:y_hamada:20180422061123j:plain《 濃い霧が全体を包み幻想の世界が展開した。》

f:id:y_hamada:20180422061902j:plain

《 夜露が残っていた。》

浜ちゃん日記  ブログと操作の不慣れミス

    昨夜、浜松航空学生懇親会から帰宅して、ブログを書いた。今日はのんびり他のことをしたりして過ごした。夕方、ブログを確認したら大部分がなくなっているのに気が付き、早速パソコンで修復しました。投稿した後で手持ちのスマホで修正することがあり、不慣れな操作の関係から、ご迷惑をかけました。 

航空自衛隊第1期操縦学生(60) 平成29年度 浜松基地航空学生会懇親会と特別会員の参加

 4月20日(金曜日)午後7時20から浜松市中区八幡2 クスノキクラブにおいて、浜松基地航学会懇親会が開かれた。航空学生出身者で構成する浜松基地航学会の総会が行われた後、懇親会の部に特別会員のOBが招かれ出席した。OB・先輩として丁重な接遇を受けたことに感謝した。

 第1期生から参加者は、私と小林誠君であった。航空学生制度が発足して、63年周年、航空学生出身者は航空自衛隊パイロットの80%を占め、時代を超えて航空戦力の要となっている。小林君は航空学生連合会の発足の経緯を説明し、さらなる発展を期待するとともに航空学生出身者の活躍を激励した。

 こうした会合に出席してみると、63年の歴史が経過したのかと今更ながらその重みを感じた。後輩たちの凛々しくも頼もしい精鋭の集団に接して元気をもらった。若い人たちに接すると高い理想と志をもって精進したはるか昔の青年時代を思い出した。

 懇親会の初めに、航空救難団浜松救難隊の夜間救難訓練において、航空学生出身のパイロット2名の殉職者の御霊に対して全員で黙とうをささげた。

 4月9日には、第74期航空学生68名が防府北基地・第12飛行教育団に入隊し入隊式が行われたとのことである。航空自衛隊の航空戦力の中核となる若人が、これから2年間に及ぶ厳しい航空学生課程の第一歩を始めた。若人の未来に幸あれと祈る。

1  浜松基地航空学生会懇親会

f:id:y_hamada:20180421230108j:plain

《 懇親会の式次第 》

2 懇親会の様子 

f:id:y_hamada:20180420192545j:plain

《 全員で記念撮影、特別会員OBは前列に座った。》

f:id:y_hamada:20180420193602j:plain

《 第1期生小林誠君が、乾杯の音頭を取った。 》

f:id:y_hamada:20180421230417j:plain

《 特別会員・OB9名の期別と名前、紹介時に各自簡単なスピ-チを行った。》  

f:id:y_hamada:20180420213103j:plain

f:id:y_hamada:20180420213057j:plain

f:id:y_hamada:20180420213055j:plain

f:id:y_hamada:20180420213105j:plain

《 全員がスクラムを組んで航空学生の歌を元気に合唱した。 》

3 浜松八幡宮・クスノキクラブ

 浜松八幡宮・クスノキクラブは、縁結びの神として神前結婚式で広く知られている。自然に囲まれた環境が素晴らしい。

松八幡宮  浜松市ホ-ムベ-ジ 出典

市の中心部にありながら、多くの木々が生い茂る森にお祭りされ、“八幡さま”と親しまれている「浜松八幡宮」。古来、勝運や立身出世、安産、長寿などの神様として、今なお多くの人が参拝に訪れています。
境内にそびえるクスノキは「雲立のクス」と呼ばれ、樹齢1,000年を超えるとされている古木。徳川家康公にまつわる言い伝えも残されています。