シニアクラブ(128)  小豆島の旅(1) 小豆島フェリ-でオリ-ブの里の船旅

❶ 小豆島フェリ-でオリ-ブの里の船旅

  6月4日・5日にかけて神原会14名及び百寿会11名の合同でオリーブの小豆島へ1泊旅行をした。小豆島へは小豆島フェリ-で姫路~福田港を往復とも利用した。船旅の利点は、船窓から眺める景色もあるが、高齢者集団は約1時間40分ほどおしゃべりタイムが設けられたようなもので、コヒ-をのみながらゆっくりした時間となった。そん配置と珍しい風景はないかと歩いて回った。

    船旅と言えば、現職時代に人事異動で航空自衛隊春日基地2回、芦屋基地1回勤務で、神戸港から九州小倉港まで往復6回大型フェリ-に乗用車と一緒に船旅をしたことを思い出した。未知の世界への赴任と生活は今となっては懐かしい思い出でもある。

    潮風は、日本海の海岸で波の音を聞きながら育ったせいか、潮の匂いはいつまでたっても郷愁がある。

❷   クラブ責任者の責務と心構え

    旅行は出発から帰着までクラブの責任者としては気が抜けないが、全員無事が責務である。常に状況を判断して対処する心構えを持って行動した。

   責任者としては、船旅において真っ先にやることは、各人の位置と緊急時の救命具や脱出口の確認であった。往復とも何の出来事もなく安心の船旅であった。 

 こうしたときは、歳をとっても自衛隊時代の気迫が戻ってくるから不思議である。かえって心身ともに引き締まった2日間であった。

f:id:y_hamada:20180605141245j:plain

❸ 懇談の場の船中の船旅     

f:id:y_hamada:20180607140754j:plain

f:id:y_hamada:20180604132453j:plain

f:id:y_hamada:20180604135713j:plain

f:id:y_hamada:20180605135736j:plain

f:id:y_hamada:20180604145110j:plain

 《 デッキで瀬戸内海を眺める。》 

❹ 小豆島の観光と大宴会    

 主たる見学場所は、寒露渓とロ―プウェイ、小豆島国際ホテル・エンゼルロ-ド、世界狭い土渕海峡、小豆島オリ-ブ園、醤油・佃煮醤の郷,マルキン醤油、二十四の瞳映画村であった。夜は、小豆島国際ホテルで盛大に懇親会を開き心のこもった料理を味わい、生ビールなどを飲み、歌自慢揃いが絶えることなくカラオケを歌い盛り上がった。

1泊旅行のだいご味がここにあった。

 数年前までは、宴会は座布団の上に座る方式であったが、今はどこに行ってもイス方式に変わった。シニアクラブのすべての会合等は椅子方式になってきた。時代の変化でもあるが、普段の生活様式も椅子方式であるから当然の成り行きであろう。

f:id:y_hamada:20180604184225j:plain

《 神原会会長が挨拶、神ケ谷百寿会山下会長が乾杯の音頭を取った。》 

❺ 会社担当者、安全運転とガイド

 太陽観光の担当者、バス運転手及びガイドの皆さんは実によく積極的に職務を全うされていたように受け止めた。安全運行があって、楽しい旅行となっていくものだ。ありがたいことであった。