シニアクラブ(124) 水曜会(輪投げ)と浜松市輪投げ大会出場選手の練習

 第53回シニアクラブ浜松市輪投げ大会が、6月14日(木)可美公園総合センタ-で行われる。神久呂地区からは、西山町・大久保町・神原町から各2個チ-ム(1個チ-ム6名)が参加する。

 神原町シニアクラブは、毎週水曜日にロコモと輪投げを中心とした水曜会(健康サロン)を設けているが、毎回17~19名ほどの会員が参加している。今日は午前にグラウンドゴルフを楽しみ、午後は輪投げとなった。

 大会を控え、出場選手要員と補欠・支援要員に仕分けして、大会まで約1月半、本番同様に練習に励んできた。昨年10月の初出場から今回2回目の参加であり、技量・経験は他のクラブから比べたら、まだまだであるが積極的に参加することによって、クラブ活動の充実と会員の健康維持につなげていきたいと努力している。

 輪投げは、昨年大会出場を決定して以降、本格的に取り組んだところ、各人の本気度も高揚し熱心に技量向上を目指すようになった。気持ちだけの参加賞のほか毎回高得点者1位から5位までに賞品を出している。雰囲気も大いに盛り上がってきた。

 どの競技でもそうであるが、結構みんな楽しみながら燃えてくるものだ。連続して高得点が入ると大いに喜び、入らなくて破れかぶれで投げたら高得点になったりで、笑いと活気が生まれるところがよい。高齢者に合った種目であることは間違いない。

f:id:y_hamada:20180530140251j:plain

f:id:y_hamada:20180425135533j:plain

f:id:y_hamada:20180425135512j:plain

 練習試合風景 》