シニアクラブ(102) シニアクラブ浜松市輪投げ大会の初出場

 10月4日第52回シニアクラブ浜松市輪投げ大会が、100チーム参加し可美公園総合センタ-で行われ、神原町シニアクラブ(神原会))は初出場した。

    毎年春、秋の2回の大会は今回で52回であることから26年の歴史を刻んできたことになる。大会は、長年の運営実績をもとに整斉円滑に運営されていた。

    神原町シニアクラブ(  神原会)は、2個チ-ム(1チ-ム6名)が初参加し、研修員を会わせて14名が会場に出かけた。 初めてであることから大会の運営・実施要領・参加要領・雰囲気などを学習し体験することを重視した。

   初参加にあたって、会員には、クラブ会長として、できる限り多くの会員が選手として参加すること。各人は成績を気にしないでいろいろなことを体験すること。今回の成果を次につなげていくことを強調した。全てが初めてのことで、緊張の中にもベストを尽くし、得難い経験をすることができた。全員満足気であった。

 他のチ-ムの状況を見て、年齢や体力などに関わらず、着実に得点を重ねる様子を目の当たりにし、どのスポ-ツに共通する一に練習、ニに練習、三に練習と研究心・向上心・競争心が求められていることを再確認した。

    これを機会に、毎週水曜日を練習日とする「水曜会」を立ち上げて、ロコモを取り入れて「水曜会サロン」を立ち上げたいとと話し合っている。

    新しいことを始めるには、様々な困難なことがあるが、固い決意のもと障害を乗り越えて一歩前進した。

全般の成績、チーム及び個人の優勝等は次回触れることとする。

f:id:y_hamada:20171004092829j:plain

《 シニアクラブ浜松市浜松市老人クラブ連合会会長藤田かつ太郎氏が大会開催の意義等について挨拶された。 》

f:id:y_hamada:20171004092818j:plain

《 大会運営の役員 》 

f:id:y_hamada:20171004092848j:plain

《 輪投げ大会参加 チ-ム 》

f:id:y_hamada:20171004092915j:plain

《 副会長片桐通之氏から大会運営・競技上の注意事項等の説明が行われた。 》

f:id:y_hamada:20171004093234j:plain

 《 参加者全員ラジオ体操で体をほぐした。 》

f:id:y_hamada:20171004094638j:plain

《 輪投げ大会は、浜松市可美公園総合体育館において、各チ-ムが日ごろの練習の成果を競い合った。好得点や好プレイが連続するといたるところでは時折ドヨメキと歓声が上がった。 》