今日も明日もいきいき人生(16) 浜松写真連絡協議会写真集への作品収録

   平成23年8月、縁あって写真の講座に参加して以来、東部写楽会の一員となり、さらには浜松写真連絡協議会の会員に入れていただいている。協議会の写真展には、毎年作品を出展することにしている。

1.浜松市写真連絡協議会写真集への収録

 こうした関係から、このたび平成29年5月編集・発行された写真連絡協議会の写真集に先達の諸兄に交じって作品を三点収録していただいた。28年の歴史と伝統のある浜松写真連絡協議会の末席を汚すものとして、未熟ながら自分の作品が掲載されたことに面はゆい思いと同時に誠に嬉しく思っている。

 現職時代は、部隊の「記念誌」の編集発行、地域では「神原町の歩み」の編纂・発行を行った経験があるので、一つのものを作り上げる陰の苦労が痛いほどよくわかる。立派な写真集を手にして感謝感激した。

2.わが想いを伝えたい写真を求めて 

 写真の道は、わずか6年がたったばかりであるが、自分の思いを一枚の写真の中に表現することの難しさを味わいながらより良いものを目指して作品を作り上げたいと精進している。

 もとより芸術的な才能はないが、やってみると結構これが楽しいものである。毎月の定例の合評会で批評してもらい、写真に対する考え方や見方が違ってきたように感じている。

 これから目指すところは、芸術的な写真を撮りたいと思っている。どんな視点で何を表現するか精進したいと思っている。したがって、どこに行くにもカメラは携行し、シャッタ-チャンスがあれば即座に応じられるように心がけている。高級なカメラを求めず、ごく普通のカメラでの挑戦に徹することにしている。

 現職時代の即応体制の心構えと同じである。どこに行っても、写真的な構図を描き、いつでも絵にならないかと常に思っている。80歳を超えたからこそ、見えてくるものがあるはずだ。歳を重ねたからやめるのではなく、ごく身近なことに視点を向けて活動したいと思っている。

 そのことが、活動力・好奇心を保ち、ボケや無関心を遅らせ、いつまでも若々しい気持ちでいることにつながってくれればありがたいものだ。

2017-02-18 今日も明日もいきいき人生(14) 記録写真から趣味の写真へ

f:id:y_hamada:20170609173757j:plain

《 写真集の表紙 》

f:id:y_hamada:20170609173545j:plain

 

《 会長 丸井敏郎氏のはしが「ごあいさつ」、多数の会員を束ねる指揮統率力・和に優れた丸井会長の人柄と実行力で今回の事業が完成するに至ったと拝察する。 》

 

f:id:y_hamada:20170609173613j:plain

《 編集長神谷勲雄氏の「編集後記」、約2年間かけて、神谷編集長のもとに編集発行に至るまでの編集会議等様々な困難を乗り越えて、立派な写真集が出来上がった。後世に残る立派な写真集を目指した旺盛な意欲とあくなき研究心・実行力は敬服するばかりである。 》

f:id:y_hamada:20170609173700j:plain

f:id:y_hamada:20170609173726j:plain

《 作品三点 》