読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自衛隊家族会(5) 平成29年度浜松自衛隊家族会総会と家族会

 5月14日(日)平成29年度浜松自衛隊家族会定期総会、次いで浜松市自衛隊家族会総会懇親会が浜松市駅付近のプレスタワ-で開かれ、会員として参加した。

1.自衛隊家族会

    本年1月公益社団法人全国自衛隊父兄会は「公益社団法人自衛隊家族会」となった。下部組織の浜松市自衛隊父兄会も浜松市自衛隊家族会となった。

自衛隊家族会の組織は次のしおりである。

f:id:y_hamada:20170516110622j:plain

《 浜松自衛隊家族会は、会員数においても静岡県下で最も多い組織である。》

2.浜松自衛隊家族会

❶.浜松自衛隊家族会総会

 浜松自衛隊家族会の総会は、副会長小林三二氏の司会のもと、開会の辞は副会長吉澤幸代氏、次いで、会長志賀勝氏の挨拶、表彰(永年功労・役員功労で7名が表彰された。が行われた。)議事においては、報告事項では新入隊員家族の入会状況などが報告された。議案は会則の改定、28年度事業報告・収支決算報告、監査報告、29年度事業計画・収支予算案、役員の改選が上程され、満場一致で議決された。

❷.総会の状況

f:id:y_hamada:20170514102254j:plain

 《 総会は、副会長小林三二氏の司会のもと整斉と円滑に進められた。》

f:id:y_hamada:20170514102031j:plain

《 浜松自衛隊家族会会長志賀勝氏の挨拶、新生家族会のスタ-トに際し、今年の活動の大きな柱は家族支援であることから、その在り方について形づくりをしていきたいと述べられた。子供たち自衛官が、安心して任務に精励できる環境づくりをすることは、親としての大きな役目であることを強調された。 》

f:id:y_hamada:20170514102342j:plain

 《 総会風景 》

f:id:y_hamada:20170516143906j:plain

《 会長表彰受賞者を囲んで浜松自衛隊家族会の記念撮影 》

❸.家族支援活動のあり方

f:id:y_hamada:20170516152044j:plain

❹.参加所感

 志賀会長はじめ役員の皆さんの一生懸命のご尽力に頭が下がる。わが国の安全保障や自衛隊に対する国民意識の高まりの中、本年度の新入隊員等の状況からするともう少し家族会へ加入者が増えてほしいと思った。でも14名の入会者は素晴らしい。

 家族会というネ-ミングがよい。わが子や孫を送り出している家族がしてやれる最高の支えは家族会に属するということであるように思う。この精神的支えと一体感が何物にも代えがたいものであるからである。

 私が現役時代は、30年にわたって、親が、親が亡くなったら長兄が父兄会に継続して入って支えてくれた。入会は親や兄が自ら決めたようで後で知った。入隊した当時の隊員はそれほど入会の意義を感じないかもしれないが、一本立ちして隊務についたとき、親の思いを感ずるようになるものである。

 家族会入会は、家族として、個人としてできる最高の支えであるだけに、お勧めしたい。自衛隊に勤務する子供や孫にとって、家族ができる最高のものは励ましの言葉でもない。家族会に入って、わが子を誇りとすることではなかろうか。家族会入会は、誰から勧められるものでもない、国家国民のために任務に就く子供への家族の誇り「心の証」のようなものではなかろうか。

    現役時代に、わが子が自衛隊に入隊した。当然のごとく父兄会に入会した。特に、本人に父兄会に入っているよとは言ったこともないが、会員であることは知っているであろう。その息子も30年余勤務してきた。無事に隊務を果たしてほしいと願っている。家族会で支える一体感、これが家族・家族会というものではなかろうか。

自衛隊家族会について

❶.自衛隊父兄会の名称・信条変更に至る理由・経緯

 自衛隊父兄会が「自衛隊家族会」として名称・信条変更に至った理由・経緯は、平成28年6月法人創立40周年記念式典における伊藤会長の式辞に述べられているので紹介しよう。

f:id:y_hamada:20170516104916j:plain

《 平成28年7月15日・自衛隊父兄会防衛情報紙「おやばと」第427号の切り抜き 》

❷. 自衛隊家族会の「私たちの信条」

f:id:y_hamada:20170516110444j:plain

《 家族会の「私たちの信条」は、簡潔明瞭にして、日常生活における信条でもあり、活動の指標である。》

 

❸.自衛隊家族会のゴロマ-ク

f:id:y_hamada:20170516111324j:plain

《 自衛隊家族会を現わす、優しく温かみのあるゴロマ-クである。》

❹.おやばと

 公益社団法人自衛隊家族会が発行している機関紙「おやばと」には、自衛隊の状況などの記事が掲載されており、特に〇Bの回想記、情報分析は圧巻である。隊友会の「隊友」の部隊勤務の体験を踏まえた〇Bの軍事情勢の分析、朝雲新聞社の「朝雲」の三つを読んで一般紙の記事を読めば、国際情勢、外交・安全保障、とりわけ軍事に関する認識、状況の判断は一歩踏み込んだものとなり、自分なりの見方考え方も持つようになるであろう。

 新聞を購読して読むのが一番であるが、多くはネット等でも概要を知ることができるようになった。

 【 次回は、浜松自衛隊家族会総会に引き続き行われた浜松市自衛隊家族会総会懇親会に触れることにする。]