読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神原町花の会(花美原会)(252)  花摘みのハサミとありがとう

1. ありがとうございます    

 今日は神久呂幼稚園の園児たちが先生に引率されて花畑を訪れた。自分の気に入ったポピー花を選んで、先生に摘んでもらって満足そうに笑顔を交わし合っていた。帰りには一斉に可愛い声で「ありがとうございました」の言葉が流れてきた。ここを訪れた方はどなたも必ず「ありがとう」の言葉を残して帰られる。

「ありがとうございます」素晴らしい、心にしみる言葉である。

f:id:y_hamada:20170508093946j:plain

 《 5月8日幼午前、稚園児の花畑見学 》

2. ハサミ

  「大変ですねぇ」「ありがとうございます」と声をかけられるほかに、中には時折「ハサミがなくならない?」とも問われることがある。

    それというのも、神原町花の会(花美原会)の管理する花畑は、春はポピー、秋はコスモスを生育し、無料の花摘みを行なってきたからです。

 花摘みは、特に制約を設けずたりせず、自由に採取できるようにしてきました。ハサミは花摘みが出来る付近に収納箱を設置して用意してきました。

   今回ハサミは、朝、所定の場所に置き、夕方引き上げる方法を取りました。多くの方が利用するので、不具合がないか、汚くなっていないかとチェックし、手入れを兼ねて数も確認しています。

   6年以上花摘みを行ってきたが、ハサミが無くなったことはありません。百円ショップで買ってきたハサミをつかっています。持参される方もいますが、花摘みはハサミが必須です。喜んで使っていただけたら用意したしがいがあるというものです。

f:id:y_hamada:20170507184727j:plain

f:id:y_hamada:20170506080125j:plain