読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隊友会活動(28) 市民ボランティアの佐鳴湖クリ-ン作戦参加

 3月5日午前、浜松市佐鳴湖クリ-ン作戦に隊友約20名が参加した。地域の各種団体も参加した。子供連れの家族ぐるみも見られた。私が隊友会支部長として鈴木美三副支部長と一緒に初めて佐鳴湖クリ-ン作戦に支部のポランティア活動として参加したころからすると、作業の質量に大きな変化がみられるようになった。

 隊友会組織力と機械力を投入したポランティア活動は、今日では一般市民と同じような作業内容に変わってきたように思われる。それだけ長い年月を経て佐鳴湖全体の環境整備が進んでいったことが一番大きな変化であろう。

 昨日は佐鳴湖公園のウオ-キングをした。近年、佐鳴湖公園は普段から整備が着実に進んでおり、クリ-ン作戦が始まったころに比べると環境整備という面では雲泥の差を強く感じるものがある。この間、市民の意識の向上は著しい。将来にわたって、さらに浜松市民の財産である「佐鳴湖公園」が市民の水と緑のオアシスとして発展し利用されることを願う。

 今日の主催者の挨拶であった、昔泳げた程の「きれいな佐鳴湖を取り戻したい」との思いが伝わってきた。周囲の環境は着々と進んでいるが、湖水の水質向上が一番の課題である。これらも総合的な施策によって成果を上げつつあるようだ。

 今日の作業は、一般市民を対象としたボランティア活動である。服装も運動靴程度のを原則としていた。行政の日常的な清掃事業が進んでいるせいか、ごみが減少化の傾向にあることは喜ばしいことである。

 昨日、気になったったことは、一般のボランティア作業では手の届かない湖岸や湿地に転がっていたビニ-ル・ペットボトル類であった。

 f:id:y_hamada:20170305083325j:plain

《  市民ボランティアの佐鳴湖クリ-ン作戦参加者 》

 

f:id:y_hamada:20170305092846j:plain

《 隊友会浜松支部クリ-ン作戦参加者 》 

f:id:y_hamada:20170305084641j:plain

f:id:y_hamada:20170305084801j:plain

《 清掃風景、自分たちの佐鳴湖公園をきれいにしよぅとの地域住民の清掃活動が連綿と続いている。ごみはチリも積もれば山となる。 》 

f:id:y_hamada:20170305090743j:plain

《 私の拾ったごみ、ごみの主たるものはお菓子・あめ類の「ビニ-ルの包装」であった。自分が持ってきたものは、ポイ捨てたりしないで、すべて持ち帰ることに尽きる。》 

f:id:y_hamada:20170305091703j:plain

《 市民ボランティア活動の成果はごみ集積所に集まる 》

f:id:y_hamada:20170305090328j:plain

《 ゴム長靴を履いて参加したので、清掃の手を休めて湖畔の隠れた、見えないところの湖岸の一コマを撮ってみた。》