読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜ちゃん日記 寒気に負けず楽しく過ごす

    強烈な寒波が日本列島を襲った。浜松のわが家の周りも久しぶりの雪化粧となった。前夜から吹雪いた。積雪はちょっぴりであったが、寒さは格別であった。

    夜明けと同時に、しらさぎ軍団の様子を求めて出かけたが、3〜4個軍団を形成していると見られるが、お休みのお宿はどこであろうか。  

    実は前日買い物で帰る途中、みぞれ混じりの寒風の中、しらさぎ軍団が、元気よく羽ばたいていたのを見かけた。当たり前とはいえ、鳥にとつては人間社会の尺度は通用しないものだ。

    午前8時から毎月行っている町内の神原会館の清掃に出かけた。いつもは外回りを担当し窓ガラスを綺麗にしていたが、今朝は水道が凍結しており、役目を果たせず、室内清掃を行った。シニアクラブが婦人会を応援する形で行なっている。外回りの水道が使えないほどでそれだけ寒気の凄さを実感した。

    今日は月の15日、会館清掃を終えて、神ケ谷町にある洞雲寺へ墓参して供花を入れ替えようとしたが、ここもまた、お寺の水道は凍ったおり、花を入れる筒が凍って取り替えができず帰らざる得なかった。帰る途中、花畑に寄ってみた。

   それにしても、どんよりとしていた空も、10時過ぎから快晴となってきた。大気は巡り巡っている。凍結も解けたので、午後になってから供花を入れ替えることができた。

    夕方、弁天島の夕日を撮りたいと訪れたか、時期が過ぎたようである。物事には時期・旬というものがあり納得した。地平線を雲が覆い鳥居の中に納まる夕日は眺められなかった。冬来りなば春遠からじである。寒さに負けずこの冬も乗り越えたいものだ。

    ここ数日、時間を見つけては、根気よく、はるか昔のメモと日記を元に30〜40年前の現職時代の人事担当者のリスト作りに励んでいる。今日も爽やかな一日が過ごせたことに感謝した。

❶ 早朝の白鷺たち

f:id:y_hamada:20170115071916j:plain

 《 シラサギ軍団は、数羽しかいかかった。どこをねぐらとしているのだろうか。》

❷ 花畑

f:id:y_hamada:20170115072543j:plain

f:id:y_hamada:20170115072655j:plain

f:id:y_hamada:20170115072754j:plain

《 花畑も全面粉雪で白くなった。寒風に耐えて強くなっていくであろう。》

❸ 天島の夕日 

f:id:y_hamada:20170115164928j:plain

f:id:y_hamada:20170115170203j:plain《 地平線にべったりと雲が横たわり残念でした。》