読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜ちゃん日記  年の瀬を迎えて(1)

1.弁天島の鳥居と夕日  

 昨日12月28日は夕方、再び浜名湖弁天時の鳥居と夕日を眺めに出かけた。夕日が鳥居の上から真ん中を通って沈んでいく情景は何回見ても絶景である。また、はるかに見える大橋の方向の眺めも素晴らしい。

 天気は上々であったが、風が強く漁船の姿は一隻しか見かけなかった。寒風にさらされるせいか、夕日が沈むといっぺんに気温が下がっていくように感じた。

 それにしても、家族そろっての散策、子犬を連れての散歩などの姿が見られ、夕方の風景は素晴らしいの一語に尽きる。 

f:id:y_hamada:20161228165340j:plain

f:id:y_hamada:20161228165908j:plain

 

2.洞雲寺境内のもみじの落ち葉

 今日は早朝からお墓の清掃に出かけた。正月を迎えるにあたってお墓の清掃をし、供花を換えた。先月まで境内のもみじが美しかったのに、朝夕の冷気のせいか。あっという間にもみじは縮こまり落葉している。

   わが家の室内清掃はコツコツと家内が進めている。明日は朝から玄関など外回りの清掃で出番だ。

f:id:y_hamada:20161229085626j:plain

f:id:y_hamada:20161229084809j:plain

 

3.鳥さん!どうぞ柿を食べてください

 本堂に参拝して帰りふと見たら、真っ赤な柿がぶら下がっていた。多少色合いが黒ずんではいたが、この時期まで柿の木に実がなっているのは珍しい。訪れる鳥にとっては好物となっているのであろうか。採らないでそのままにしてあるのがお寺さんらしく慈悲の心と見た。人間が全部食べないで少しは残し自然のままにしているのが素晴らしいではないか。

    子供のころからよく親に言われた。木の実は、どんなに美味しくても全部を取ってはいけない、鳥さんに少し残してあげなさい。

f:id:y_hamada:20161229085208j:plain

f:id:y_hamada:20161229085241j:plain