読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も明日もいきいき人生(13) わが趣味・二つのカラオケクラブの交流会

  11月8日夕、神原町と大久保町のカラオケクラブの交流会が神原会館で開催され参加した。交流会を始めて18回目となるが、一回も欠かすことなく参加したことになる。今回は風邪で体調を悪くして出場できなかった方もいるが、全部で23名が唄い日ごろの練習の成果を披露した。年に2回、春と秋、大久保と神原が交互に町内の会館で開催すことにしている。

 出演者及び曲名は、鈴木富久・「おまえに惚れた(美空ひばり」)、伊藤悦子・「恋姫(オリルコ)」、斎藤猛・「博多時雨(三門忠司)」、岡本道雄・「柿田川(黒川真一郎])、伊藤よしえ・「雨の思案橋(真木由布子)」、矢野正広・「四万十川(三上ひろし)」、大橋祐吉・「霧子のタンゴ(フランク永井)」、和久田幹夫・「霧島の宿」(水田竜子)」、濵田喜己・「有明海北山たけし)」、和久田綾子・「女ソ-ラン流れ節(葵恵子)」、山本義介・「ひとりの札幌・(三條正人)」、柴田喜美代・「女ソ-ラン流れ節(葵恵子)」、田中安夫・「四万十川(三上ひろし)」、三島正男・「花も嵐も(山本譲二)」松下洋梧・「北国挽歌(木原たけし)、矢野武夫・「最上峡(佐藤善人)」、尾崎知次・「流れて津軽(木原たけし)」、倉田利子・「女のあかり(天童よしみ)」、袴田秀子・「縁(島津亜矢)」、三好民子・「早春慕情(椎名佐千子)」、袴田義司・「河内一代男(鳥羽一郎)」、石原武・「南部のふるさと((福田こうへい)」であった。

 最後に、葵恵子先生が、ご自分の「女ソ-ラン流れ節」と三波春夫の「元禄名送名槍譜俵星玄蕃」を唄いお開きとなった。先生からは出場者の全般的な講評として、言葉をはっきりと発声できるようになったこと、大会などに出ても良いくらいのレベルになっているとのことであった。

f:id:y_hamada:20161108183859j:plain

f:id:y_hamada:20161108183840j:plain

《 会場の神原会館 》

 

f:id:y_hamada:20161108190353j:plain

《 北山たけしの「有明海」を唄った。 》