読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜ちゃん日記 豊かな自然・広大なガーデンパークと散策

1.静岡県の宝「浜名湖 ガーデンパーク 」

  静岡県の大きな宝は、浜名湖に囲まれた自然豊かな「浜名湖ガーデンパーク」であろう。かつて、園芸博覧会の会場となった場所で、広大な区域は県民にとっても貴重な財産といえる。

 浜名湖ガーデンパーク は、浜松市西区村櫛町にあり、 平成16年(2004)4月8日10月11日(187日間)、「しずおか国際園芸博覧会」と「第21回全国都市緑化しずおかフェア」が開かれたところで「浜名湖花博」の場所として親しまれている。

 博覧会終了後は一旦閉鎖され、展示物の撤去などの再整備が行われた、平成17年(2005)6月に博覧会の一部を残す形で静岡県営の植物園型都市公園浜名湖ガーデンパーク」が誕生した。

    その後、「しずおか国際園芸博覧会」の開催から10年を迎えた平成26年(2014).「第31回全国都市緑化しずおかフェア」が『浜名湖花博2014』の愛称で行われた。

2.親しまれる浜名湖ガーデンパーク

 浜名湖ガーデンパークが親しまれる背景は、風光明媚な浜名湖に囲まれ広大な区域で豊かな自然がある、園芸博覧会当時の基盤整備されたものがかなり残っており、各種のイベントができる、広大な区域が有効に活用され、見栄えのするダイナミックな花園がつくられる、自動車による交通の便がよく、広大な無料駐車場が完備している、ウォ-キング・散策などに最適の場所である、などを挙げることができる。

     私にとっては、フラワーパークと同様に家から20分ほどで行くことができるので、身近な存在となっており、散策の好適地となっている。

3.散策に絶好の浜名湖ガーデンパーク

 私は、四季の変わり目にはかならずといっていいほど、「浜名湖ガーデンパーク」に出かけ.散策をしながら花群を観て回っている。一周してくると、約3kmのほどよい運動ができることから好評である。

    今回は、コスモスをお目当てとして楽しんできた。至る所で、花壇は花の植え替えが行われていた。来春は冬越えしてはなざかりがたのしめるであろう。

f:id:y_hamada:20161022094122j:plain

f:id:y_hamada:20161022095447j:plain

 

f:id:y_hamada:20161022114046j:plain

f:id:y_hamada:20161022114615j:plain

《 お目当てのコスモスを観てきた 。 ちょうど最盛期で、花びらが大きいのと生き生きとしていた。良い土壌であった。》