シニアクラブ(66) 年度の締めくくりと新年度へ向けて

 年度末が近づく2月の定例会の焦点は、役員の選出と次年度の計画である。今までいろいろな意見を出し合ってきたので、それらを総合した案を作って提示し、それを基に更に意見を出し合って決めていくことになる。

    自衛隊であれば、多くの優秀な幕僚がいてあっという間に計画案を作り上げることになるが、そうはいかないところが世間一般である。

     そうなると前年度に右へならえ式になったりする。新しいもをどのように取り入れて、どんな内容にしていくかポイントであろう。

   毎回、定例会及び役員会のたびに会員のみなさんの意見を聞いているが取り立てて斬新なものはないが、次からは定例会やクラブ活動の中に「ロコモ」など、できる限り会員の健康につながるものを取り入れたいと考えている。

    シニアクラブが継続発展していくためには、楽しさとふれあい、心が休まるクラブにしたいと努力しているが、容易なことではない。 

    シニアクラブ運営の基本は、高齢者集団であるだけに、他力本願ではなく、自分たちの力で補い合って、作り上げることが求められているのではなかろうか。

     今日は忙しい日だ。風邪などに負けてはならない。 

f:id:y_hamada:20160203203134j:plain

《 神原会会報「いきいき神原会No62」》