神原町花の会(花美原会)(301) 花と緑いっぱい区域」のホウキグサの活用とホウキ

神原町花の会(花美原会)の管理する「花と緑いっぱい区域」において、コキア(ホウキグサ)は、花畑の通路側を飾るアクセントとしての役割を果たした。最初は青々と生き生きとしたホウキグサは、沖に紅葉し人目を引くものがある。草姿が円錐形の整った形で、…

神原町花の会(花美原会)(300) 長く楽しめ花区域のア-チを飾った ルコウソウ  

11月13日午前は、グラウンドゴルフの帰りに、「花と緑いっぱいの区域」の花壇区域に設けたア-チのルコウソウは、花期が終了し種化したので種の採集を始めた。花壇で次年度使用する種は少量であるが、来春、花畑を訪れた方にプレゼントするためにできる…

わが神久呂  地域のぴかぴか大作戦への参加

11月12日(日)午前8時から浜松市西区神久呂中学校区の青少年健全育成会のぴかぴか大作戦が、神原町、大久保町、西山町及び神ケ谷町ことに行われた。 神原町は、神久呂協働センターに集合し、3班に分かれて、子ども大人一緒になって町内の側溝の空き缶…

神原町花の会(花美原会)(299) 健康広場の 花ラインへの試行と挑戦

1月10日・11日、健康広場の花ラインの種まきを行った。健康広場の外柵に沿って花ラインの形成を試行し、春季の花ラインの出来具合に挑戦することにした。夏秋季については試行済みである。 今回の計画は、外柵寄りから第1ラインポピ-、第2ライン菜の…

神原町花の会(花美原会)(298) 花種の衣替えの時期

花畑は、ポピ-の種まきを終え、花壇は花種の交代等衣替えの季節である。キンギョソウ、キンセンカの花苗の植え付けやや菜の花や花菱草の種まきも行った。夏からの花も一段と輝いているものもある。健康広場の花ラインの種まきを終えた。こうなると適度に雨が…

わが神久呂  神久呂地域のあいさつ運動への参加

11月10日朝7時に神久呂小学校校門に集合し、地域の子供たちとあいさつを交わした。神久呂中学校区の青少年健全育成会「神久呂の子をよくする会」の行事で、地域の各種団体役員が主体となって参加した。この行事は、中学校・小学校・幼稚園 で行われ、参…

浜ちゃん日記 三保の松原・久能山東照宮などの日帰り旅行

11月9日、午前7時出発、JAとぴあ浜松年金友の会西支部「会員の集い」で、三保の松原・日本平・久能山東照宮・焼津黒潮温泉ホテルアンビア松風閣での食事などの大型バスによる日帰り旅行をしてきた。 いずれも何回か訪れたことのある場所であるが、久しぶ…

山門の人生の教示 苦しむとき仏は近くにあり

11月1日、御墓参りをした。こうしたお寺に近づけるこはありがたいことである。人生八十年以上を生きてきたが、特別に経典を学び、悟りを開いたわけでもない。これが普通の人の姿ではなかろうか。 無理に善人や悪人になることはない。普通に暮らすことが一…

神原町花の会(花美原会)(297) 平成29年度・「第20回浜松市花と緑のコンク-ル」で優秀賞

10月6日、平成29年度・「第20回浜松市花と緑のコンク-ル」の審査結果が発表され、神原町花の会(花美原会)は、地域の部で「優秀賞」を受賞することとなった。 表彰式は、平成30年2月に予定されている。日頃の花と緑のまちづくりの活動成果が高く…

わが神原町(26 ) 神原町ふれあい農園の発足時を振り返る

1. 神原町 ふれあい健康農園会の運営基盤づくりに尽力した人 先般、JAとぴあ浜松の総務部広報課池谷さんの取材を受けた。10年前に、自治会長当時、わが神原町誕生50周年を迎えるにあたって、将来50年先の発展を願って、町民が主役となって、「神原町まちづく…

わが神原町( 25) 神原町ふれあい農園の発展と地域定着

1. 「神原町まちづくり構想」と「神原町ふれあい健康農園」 先般、JAとぴあ浜松の総務部広報課池谷さんの取材を受けた。10年前に、自治会長当時、わが神原町誕生50周年を迎えるにあたって、将来50年先の発展を願って、町民が主役となって、「神原町まちづく…

神原町花の会(花美原会)(296) ポピ-の種まきと花ラインの整理

11月5日午前8時から協同活動によりポピ-の種まきと健康広場の花ラインの整理を行った。ポピ-の種は小さくて、大人でもまくのに苦労する。ちょっと気を緩めるとどこまで蒔いたのかわからなくなるくらいである。一列に並び担当ラインを責任をもって蒔くやり…

神原町花の会(花美原会)(295) 第27回全国花のまちづくり優秀賞受賞の報告と情報の共有

第27回全国花のまちづくりコンクールにおいて優秀賞を受賞したことを、会員の皆さんはじめ自治会及び町民各位に「花だより」をもって報告しました。会員には直接配付、自治会及び町民各位に対しては、隣保回覧によってお知らせしています。 花と緑のまちづ…

神原町花の会(花美原会)(294) ポピ-の種まきと臨機応変の除草対処

秋晴れの好天で、花畑に耕運機を入れることができるようになった。10月1日に花畑のコスモス等を整理した後、降雨が続き、一回も土返しをすることができなかった。週間天気予報を見ながら、11月5日をポピ―の種まき日と予定し、昨日、会報を配布した。 気…

シニアクラブ(207 ) 第18回浜松市ウオーキング大会と当会参加要領の改善

11月1日.秋晴れ、午前10時からシニアクラブ浜松市のウォーキング大会がフラワーパーク内で行われた。 わがシニアクラブは18名参加、午前9時から5台の車に分乗し舘山寺のフラワーパークへ移動した。全員揃って入場し、開会に臨んだ。市老連常務理事…

神原町花の会(花美原会)(293) 全国花のまちづくり優秀事例発表会(1)

10月25日、日比谷図書文化館において、花のまちづくり優秀事例発表会が、次の日程で行われた。メインは、平成29年度第27回全国花のまちづくりコンク-ルで大賞(農林水産大臣賞及び国土交通大臣賞)に輝いた優秀事例の発表であった。 四つの花のまちづくり…

シニアクラブ (206 ) 木枯らし1号とグラウンドゴルフ

10月30日は、台風第22号の一過、一日中晴天であったが強い北風が吹いた。グラウンドゴルフ部は、朝9時から浜名湖ロイヤルホテルでグラウンドゴルフを楽しもうと出かけプレイをしたが、強風が止まず適当なところで切り上げてホテルで歓談し、和食の季…

元自衛官の時想(28) 靖国神社の参拝と所感

最近は、東京に出かけることは年に一回あるかどうかとなってしまった。先日、全国花のまちづくりコンクールの表彰式に出席のため、久方ぶりに上京した。 受賞の一連の行事を終えて、帰りに靖国神社に参拝した。一年半ぶりであった。いつもは市ヶ谷寄りから訪…

老いる雑感(29)   旅行の小型キャリーバッグの効用

先日、一人で久しぶりに東京へ一泊した。小旅行と言えども歳のことを考えると、小型のキャリーバックと折りたたみの布袋などの携行が必要であることを痛感した。 1. 久しぶりの東京での出来事 今回の上京は、表彰式の出席が主目的であり、表彰状一つと予想し…

シニアクラブ(105) シニアクラブの運営で気を付けていること

平成24年4月にシニアクラブの会長に就任してから6年目となる。4年で退任する予定であったか、諸般の事情によって延長となってしまった。この間いろいろなことを学ぶことができた。 単位クラブの会長は、会の代表であり、各役員を統括する立場にあるが、何…

老いる雑感 (28)  心身の安定と生活の質の維持

1.心身の安定が病気にならず、生活の質を高める 今日は日本晴れ、浜松救難ヘリ事故の捜索活動のためか、終日ヘリが活発に飛行した。乗員の発見・救出に懸命な捜索活動が行われている。ご家族の一刻も早く発見・救出を念ずる切実な心情や不安は察するにあま…

浜ちゃん日記 東京で突然靴の底部全部が剥がれてしまった。さてどうする?

1. 数年前に買った新品同様の靴を履いた 平成29年度第27回全国花のまちづくりコンクールにおいて、神原町花の会(花美原会)は優秀賞を受賞すこととなり、表彰式に代表として上京することになった。 晴れの表彰式であり、数年前に買ったがあまり履いて…

浜ちゃん日記 第27回全国花のまちづくりコンクール表彰式

一夜明けたら東京の空は晴れわたっていた。昨夜は、ゆっくりと身体を休めることができた。 昨日は雨の1日で、かってよく見慣れた所も眺めることはできなかったが、今日は行事参加を終えた後は、のんびり散策を兼ねて東京見物ができそうだ。 東京と言えば、…

浜ちゃん日記  第27回全国花のまちづくり表彰行事に参加

10月25日.早朝小雨の中、バスで浜松駅へ向かうも、車の渋滞で普段の2倍近く時間がかかった。歳をとると若い時のように俊敏ではなく、行動が緩慢となるので十分余裕をもって行動することにした。 今回上京するに至ったのは、「第27回全国花のまちづくり…

浜ちゃん日記  天龍山洞雲寺山門掲示 ツキはいつかは落ちるもの、闇は必ず晴れるもの

10月1日天龍山洞雲寺二ある墓参りをした。山門の掲示版には人生の道しるべとなる言葉が掲示されており、我が身を振り返るよすがとしている。 「 ツキはいつかは落ちるもの、闇は必ず晴れるもの」、「ツキ」は世間では勝負事で「ツキが回ってきた」とか「…

浜ちゃん日記 台風一過と戸外で身体を動かす

超大型で強い台風21号は、本日23日午前3時ごろ、御前崎市付近に上陸し、静岡県内全域にわたって激しい雨と強風が襲った。その後、関東を横断し東北海上へ抜けた。 衆議院議員総選挙の開票状況は、22日午後8時から本朝1時くらいまでテレビで視聴し、日本の…

シニアクラブ(104) シニアクラブ神久呂連合大会

10月22日、超勢力の強い台風21号の接近と一日中雨が降り続く悪天候の中、シニアクラブ神久呂連合大会が大久保会館で開催された。神原町シニアクラブは27名が参加し、当初から車7台を動員して分乗し、衆議院議員選挙の投票を済ませて、午前10時までに…

山門の人生の教示 裸になって一から出直すと決めたら心は軽い

毎月1日と15日は天竜山洞雲寺にある墓参りをしている。山門掲示板には道しるべが掲示されている。示唆に富んだ言葉である。 人生航路においては、順風満帆の勢いに乗った晴れの日ばかりではない。大嵐や荒波にもまれ難破したり、失敗・破綻・挫折の危機的…

浜ちゃん日記 長雨と超大型台風の接近

ここ10日ばかりは雨が降り続いて、いつやむのかと思っていたら、今日の午前中は曇りがちながら久しぶりに天気が良かった。日中の気温も相当下がっていたが、時間が刻々と進んでいくうちに再び小雨が降ってきた。午前は買い物、午後は金曜会に出席した。 浜…

元自衛官の時想(27) 空自救難ヘリの墜落事故と救出に思う

10月17日 航空自衛隊浜松基地に所在する浜松救難隊のUH60J救難ヘリコプタ-が午後5時51分に浜松基地を離陸し、同57分に管制機関と最後の交信をして以降、同6時2分浜松基地の南約30キロの海上でレ-ダ-から消失した。 夜間訓練に飛び立ち…